婚活でLINE・メールを送るときのマナーとメッセージ例を紹介

婚活でマッチングできた人とついにメール・LINEの交換。とてもうれしいことですし、もっと仲良くなれるチャンスが巡ってきたと思い、ワクワクすることでしょう。

ですが「どうしよう…なんて送るのが正解なの?」「変なメールを送って嫌われたらどうしよう…」と緊張している人も多いのではないでしょうか?

LINE・メールにも、やり取りのマナーはあります。そのマナーを守らなければ、当然ながら印象は最悪になってしまいますよね。まだ出会って間もない関係だからこそ、マナーは大切にしていきたいところです。

そこで今回は、婚活でLINE・メールを送るときのマナーをご紹介しつつ、メッセージ例をあわせて解説していきたいと思います。

LINE・メールを送るときのマナー

ではまず、大事なマナーや注意すべきポイントを整理していきましょう。マナーが悪い人は「何この人!非常識だなぁ…」と全体的に印象が悪くなる傾向があり、逆にマナーがしっかりしている人は「礼儀正しくて素敵」と好印象を持ってもらえます。

マナーは、その人の印象を左右するものといっても過言ではありません。

しかも婚活で出会ってLINE・メールを交換したばかりともなれば、相手のことは知らないことばかりですよね。マナーが悪ければ、印象なんてすぐにガクンと落ちてしまいます。ですがLINEやメールのマナーがしっかりしていれば、出会った時よりも印象アップすることは間違いなしです。

メッセージの送りすぎに注意する

まずマナーとして気をつけなければいけないのは、LINE・メールの送りすぎです。

「せっかくLINE交換できたんだし、もっと仲良くなりたい!たくさんメッセージを送ろう!」とウキウキする気持ちは分かりますが、お互いに負担に感じない距離感・頻度でまずはやり取りできるのが理想的です。

例えば意外と多いのが、相手の返信を待たずに、SNSのつぶやき感覚でどんどんメッセージを送ってしまうパターン。知らない間に未読のメッセージが何件も溜まっていたら、さすがに相手も「えっ、怖い……」と引いてしまいますよね。

最初のうちは多くても1日5~6往復くらいのメッセージで十分でしょう。休日でお互いに時間があるときや話が盛り上がったときは、もちろん少し多めにやり取りしても良いですが、こちらから一方的にLINE・メールを送るようなことはやめましょう。

送る時間帯に注意する

送る時間帯にも気をつけたいところです。例えば極端な話、深夜の2時くらいにいきなり連絡が来たら、相手は何事かと思ってしまいますよね。深夜や早朝など、非常識な時間帯は避けるようにしましょう。

また、平日の昼間にメッセージを送ろうとしても、やり取りができるのはやはり夕方から夜にかけての時間帯になるでしょう。

よりやり取りしやすい空気を作るなら、相手の手が空いた時間帯を考えて、18時~22時くらいに連絡できるのが良いですね。

スタンプや絵文字の使いすぎに注意する

LINEのスタンプや絵文字は、最初からあまり使いすぎないようにすることが大切です。

スタンプの多用は「子供っぽい」「チャラそう」なんて印象を抱かれることも多くなります。相手とはまだ出会ったばかりということを配慮して、大人として一定の距離感を保った対応を心がけると良いでしょう。

ただ、スタンプや絵文字をまったく使ってはいけないというわけではありません。逆にまったく使わないと今度は冷たい印象になるため、楽しいやり取りをしているときは絵文字を少し使うようにしたり、少し距離が縮まってきたらスタンプの量を増やしてみたりなどの歩み寄りがあると良いですね。

長文、ネガティブな内容は厳禁

最低限、相手が返信しやすいようなメッセージを送ることは心がけたいところです。そのとき注意しておきたいのは、長文やネガティブな内容。

何行にもわたる長文LINE・メールが送られてきたら、相手は「読みづらい」「返信するのが面倒」「重い」といったような本音を抱くでしょう。あまり長文でなくても、自虐的な言葉・愚痴などのネガティブな内容も同じです。

最初のうちは、お互いに楽しい空気を味わいながらやり取りを続けていきたいですよね。そんな空気こそが、二人の関係を進展させていきます。

長文やネガティブな内容が多いと、自然とやり取りも続かなくなっていきます。せっかくLINE交換できたのに、すぐに相手と連絡が途絶えてしまった……となってしまう可能性もあるため、要注意です。

返信を放置しすぎるのもNG

LINEやメールの送りすぎはマナー違反ですが、逆に返信を放置しすぎるのもNGです。

1日以上の既読無視が何度も続く、そんな相手の対応を見て、好意的だと思う人はなかなかいませんよね。返信をいつも待たせがちになると、相手は自然と「実際はそこまで自分には興味ないんだろうな」と感じてしまいます。

忙しくやり取りができないときでも、なるべく「今日は仕事が忙しくて、連絡できそうにないです。また明日お話しましょう!」くらいの一言はあると良いですよね。長い間ほったらかしにされるよりも、よほど印象は良いでしょう。

婚活でせっかくマッチングし、LINE・メールを交換した相手ですから、自分の好意が少しでも伝わる行動は最低限心がけたいところです。

【シーン別】メッセージ例

「マナーは分かったけれど、実際のところどう送れば良いのか本当に分からない……」と悩む人も多いですよね。

気になるお相手だからこそ、印象は極力悪くしたくないものです。そんな強い心理があればより緊張は高まりますし、「1回メッセージを送るのに1時間も悩んでしまった」という人も少なくないでしょう。

そこでここからは、シーン別にメッセージの例文をご紹介していきたいと思います。

絶対にこの人と距離を縮めて仲良くなりたい!という人には、以下の例文を参考に、素敵なメッセージを送りましょう。

最初のあいさつ

LINE・メールを交換して初めて送るメッセージは、とても重要なものです。その後の印象ややり取りのしやすさにもつながるものなので、ここではぜひ相手からの好印象を勝ち取りにいきましょう。

「こんばんは!〇〇です。LINEの交換ありがとうございます。
これから趣味のことや好きなことなどたくさんお話していけるとうれしいです!
よろしくお願いします(^^)」

「こんにちは♪〇〇です。
メール交換してくださってありがとうございます!
初めてのメール、ちょっと緊張しています…(笑)
これからもっと仲良くなれるとうれしいです。
よろしくお願いします!」

2つ目のメッセージ例にあるように、あえて「緊張しています(笑)」と親しみのある言葉を添えるのも好意的で良いですよね。相手と既にそこそこ会話をし、距離感が近くなっているなら、2つ目のように少しくだけた感じを出すのもありです。

日常の話題

普段の会話を盛り上げていくことは意外と難しいです。何しろ会話の内容が自由なので、「自由だからこそ何をしゃべったらいいのか分からない」と悩む人は多いのではないでしょうか。

日常の話題は、仕事や趣味、休日の過ごし方などに焦点を当てていくと良いでしょう。

「〇〇さんはサッカー好きって言ってましたよね?
私もサッカーは結構見るんです。
好きなチームはどこですか?」

「今日は仕事で京都に来てます。
〇〇さんは京都出身でしたよね。
おすすめの観光地とか、穴場とかありますか?」

「お仕事お疲れ様です♪いつも遅くまで大変そうですよね。
私も今日は長く残業してヘトヘトになっちゃいました(^^;)
次にお会いしたときは、お互いに疲れも吹き飛ぶような美味しいご飯屋さんに行きたいですね!」

このように、相手に質問してそこから会話を盛り上げていくことを心がけてみましょう。

特に相手の趣味や仕事について触れるメッセージは、とても印象が良いです。相手としても返信しやすいのは間違いありませんし、自分に興味を持ってくれている感じが伝わってうれしいはずです。

デートで別れた後

食事やデートに出かけた後も、LINEやメールを送って自分の印象アップを心がけたいところですよね。別れてそのまま連絡がしばらくないのでは、なんとなくそっけない印象がついてしまいます。

メッセージに盛り込む内容としては、

  • お礼
  • 楽しかったというポジティブな言葉
  • 具体的に良かったところ
  • 次につながる言葉

この3点をぜひ意識してみてください。例文としては以下のようなものが良いでしょう。

「今日はありがとうございました!
たくさんお話ができて、とても楽しかったです♪
〇〇さんとこんなに趣味が合うなんてうれしいです。

ご飯もおいしかったですね!
あんなおいしくて雰囲気のいいお店知ってるなんて、さすがですね。
次は〇〇さんの好きなイタリアンのお店に行きたいですね(^^)」

このようなポジティブな言葉がたくさんあると良いですね。素直に自分との時間を楽しんでくれている感じが伝わって、相手もうれしいはずです。

最後の「次は」「次回は」といった言葉は非常に大事なポイントになります。次は、という言葉があるだけで「これからも仲良くなっていきたい」という好意が伝わるので、印象がとても良いのです。

やり取りを切り上げる

LINEやメールのやり取りをうまく切り上げるのも意外と難しいですよね。

「そろそろ寝たいかも、でも既読無視みたいなことはしたくない」「こんなに遅くまでやり取りしてて、正直迷惑かけてるかも」「いきなり切り上げて嫌われたらどうしよう」なんて心理になることも多いでしょう。

LINEやメールのやり取りをうまく切り上げるには、コツがあります。しっかりと相手への配慮があるメッセージなら、切り上げるような言葉を送っても嫌な印象を抱かれることは少ないので安心してください。

例えば以下のようなメッセージを送ってみましょう。

「そろそろ寝ますね。
また明日お話しましょう♪おやすみなさい」

「すみません、家族からそろそろお風呂入ってと言われてしまいました…(^^;)
また明日連絡しますね。おやすみなさい」

ここで大事になってくるのは、「また明日」という言葉が入っているかどうかという点です。「また明日」という言葉があれば、メッセージを切り上げられても嫌な感じはしませんよね。

ちなみに寝落ちしてメッセージを無視してしまったときは、次の日に「すみません、昨日は寝落ちしちゃいました…(^^;)」とこちらからメッセージを送れば何も問題ありません。夜ならさすがに相手も「寝ちゃったかな?」と察してくれるので、大事なのはその後にフォローがあるかどうかです。

まとめ

LINEやメールを交換できたということは、それだけ相手と少し距離が縮まったということです。このチャンス、ぜひ逃したくないですよね。

メッセージを送りすぎないことや長文やネガティブな内容を避けることなどのマナーには注意しつつ、印象の良いメッセージを常に心がけたいところです。メールやLINEで楽しいやり取りができれば、これまで以上に相手と親しくなれることは間違いありません。

これからお相手を探す人は、ぜひ「PREMIUM MEMBERS(プレミアムメンバーズ)」を利用してみてください。写真審査を通過した男女が集まる婚活&結婚相手紹介サービスなので、きっと素敵な出会いがあることでしょう。

今回ご紹介したメールやLINEのマナーに気をつければ、出会った人ともすぐに親しい関係になれるはずですよ。