女性が本当に喜ぶ褒め方とNGな褒め方

女性のことは褒めた方が、恋愛も結婚もうまくいきやすいとはよく言いますよね。

ですが……「褒めるとは言っても何を褒めればいいんだろう?」「褒めたのになんだか嫌な顔をされてしまった……」と悩んでいる男性も実際は多いのではないでしょうか?

男性にとって、女心は何かとわからないことも多いもの。褒めているつもりが、実際は相手にとっての地雷を踏んでいるだけ……ということも中にはあります。

そこで今回は、女性が本当に喜ぶ褒め方とNGな褒め方について、違いを解説しながら褒めるべきポイントをご紹介していきます。

喜ぶ褒め方とNGな褒め方の違いとは

相手のことを何でも褒めれば良いというわけではありません。確かに褒め言葉は一見するとプラスのものに感じられがちですが、中には「そんなところ見てるの?」と疑問を持たれてしまうこともあります。

その違いがわからなければ、残念ながらモテる男性として女性の接し方を極めることはできないでしょう。

しかし逆にその違いさえしっかり認識していれば、褒め言葉をうまく使って女性からの好印象をゲットすることはできるもの。恋愛や婚活をスムーズに進めていくためには、女性に対する褒め方をマスターすることが大切なのです。

相手が本当に喜ぶポイントを意識できているかが重要

大事なのは、相手の女性が本当に喜ぶポイントを意識できているかどうかです。

例えば、誰だって自分が力を入れている部分や、誇りを持っている部分を褒められれば、嬉しいと感じますよね。その点を見抜いて褒めることができるかが重要になります。

仕事を頑張っていれば、その仕事ぶりについて褒められるのは喜ばしいことでしょう。また、おしゃれに人一倍気合を入れていれば、「おしゃれだね」と褒められるのは嬉しいことです。

上辺だけの褒め言葉は喜ばれない

よく意識しておきたいのは、上辺だけの褒め言葉は喜ばれないということです。喜ばれる褒め方と喜ばれない褒め方の違いは、この上辺だけかの違いが大きく影響しているとも言えます。

例えば、ただ「可愛い」「きれい」と容姿を褒めるだけの褒め方は、上辺だけの印象が強くなってしまいます。「顔だけしか見ていない人」というイメージもつきがちです。

また、「すごい」「可愛い」といった誰でも言えるような褒め言葉をただ言っているだけの褒め方は、社交辞令的に褒めているのがバレバレですよね。何も考えていない感じが相手にも伝わってしまうため、喜ばれないことは多いでしょう。

褒めるにしても同じような言葉を連呼しない、顔だけでなく相手の内面にもしっかり目を向けて褒める……そんな意識が行き届いて相手を褒めることができる男性は、目の前の女性と真剣に向き合っている感じがしますよね。そんな印象を相手に感じさせることが、褒めるうえでは一番大事なのです。

女性が喜ぶ褒め方6つ

では実際に、女性にはどのような褒め方をすると喜ばれるのか、おすすめな褒め方を見ていきましょう。

容姿を褒めるときはさり気なく褒めるのが良い

女性は確かに、自分の容姿について褒められると嬉しいと感じるものです。ですが、それをテクニック的に覚えて、「可愛い、可愛い」とむやみやたらと褒めてしまう人は要注意。そんな振る舞いが目立つ男性には、むしろ女性は「この人って軽そう」と警戒心を示します。

そのため女性の容姿の可愛らしさ、きれいさを褒めるときは、さり気なく褒めるのが男性としてはスマートです。

例えば「○○さんって可愛いよね」とストレートに褒めるのではなく、「彼氏いないの?え~っ○○さん可愛いから周りの男はほっとかなそうなのに……」といったかたちで、会話の流れからさり気なく褒めるのがおすすめです。

サラッと何気ない会話の中から褒められれば、自然な感じがあります。するとお世辞っぽくもなくなるため、容姿を褒めるときはさり気なく褒めるようにしましょう。

「落ち着く」「居心地が良い」もおすすめの褒め方

相手の性格を褒めるとき、あまりに具体的に言葉をチョイスして褒めるのは、なんだか相手を観察しているようでちょっと怖い印象もありますよね。

喜ばれる褒め方としては、抽象的すぎず、でも具体的すぎない、そんなちょうどよい言葉を探すのがポイントになります。

相手の性格を褒めるときにおすすめなのは、あえて性格の良さや優しさなどをしっかり名言して褒めるのではなく、「○○さんと話していると居心地が良い」「落ち着く」といった言葉をチョイスすることです。

自分と一緒にいて落ち着くと言われたら、誰だって嬉しいですよね。落ち着く、居心地が良いということは、聞き上手なことを褒めている、優しくて気遣いができることを褒めているなど、さまざまなイメージにつなげることができます。

仕事ぶりや頑張っていることに目を向ける

相手の頑張っていることを褒めるのは、褒め方を極めるうえで基本テクニックになります。

意外と勘違いしがちな男性も多いですが、「女性は容姿さえ褒めておけば良い」というのは大きな間違いです。容姿しか見ていない男性はわかりやすく嫌われるため、相手の頑張っていることを素直に褒めてあげることも大事にしていきましょう。

相手の女性とよく向き合って話していれば、相手が何を頑張っていて、普段からどんなことを大切にしているのか……そんな内面の良さがしっかり伝わってくるはずです。そこで素敵だなと感じた点を素直に褒めることができれば、相手の女性には喜んでもらえるでしょう。

ちょっとした変化を褒められると嬉しい女性は多い

外見でも内面でも、ちょっとした変化を褒められて嬉しいと感じる女性は多いです。

髪を切ったり、いつもと違うヘアアレンジだったり、バッグを新調していたり……そんな些細な変化について褒めるのもおすすめです。

「男性はちょっとした変化に気づいてくれない」と、実際に不満に感じている女性は結構多いといいます。だからこそ些細な変化に気づける男性は、女心をわかっている人として、注目してもらえることが多いのです。

「可愛い」より「女性らしい」の方がおすすめ

女性を褒めるとき「可愛い」という褒め言葉を使うと、時と場合によっては「チャラい」「遊んでいる」といった印象を持たれてしまう場合があります。

褒め言葉のチョイスに迷ったときは、「可愛い」よりも「女性らしい」と褒めるのが実はおすすめです。その方が下心を感じさせない褒め方としてスマートですし、実際に女性らしいと褒められることも女性にとっては嬉しいものです。

女性は、女性らしく振る舞うことに対して意識を高く持っているもの。おしゃれに気を遣い、可愛らしくきれいなファッションに身を包み、落ち着いた振る舞いをする……そんな女性らしさを褒められれば、自分にとって誇りを持っていることを褒められることなので、嬉しいと感じるもの当然ですよね。

上品な立ち振る舞いを褒める

大人の女性として、上品な立ち振る舞いを褒めるのもおすすめです。

歩き方や姿勢がきれいだったり、仕草が上品だったり、テーブルマナーがしっかりしていたり……そんな上品さを褒められることも女性にとっては非常に嬉しいことです。

一緒に歩いているときや食事をしているとき、話しているときなどに、「○○さんって歩き方きれいで上品だよね」とさり気なく褒めてみましょう。

女性に嫌われるNGな褒め方4つ

女性を褒めても、いつもなんだかんだ嫌な顔をされてしまう……という人は、基本的に褒めるポイントが間違っていることがほとんどです。

なぜ褒めるときに失敗してしまうのか……その原因を探るためにも、ここからはNGな褒め方について見ていきたいと思います。

褒め方でいつも失敗してしまう男性は、ぜひ女性に対するNGな褒め方についてしっかり理解を深めておきましょう。

外見にしか触れない褒め方には要注意

外見にしか触れない褒め方は、基本的に避けるのが無難です。繰り返しになりますが、顔の可愛らしさ、服や髪型のおしゃれさなど、外見にばかり目を向ける男性の印象はあまり良くありません。

確かに初対面だと、「外見くらいしか褒めるところがない」と困ってしまう男性も多いかもしれません。ですが、初対面こそ、外見ばかり褒めていると「顔しか見てない」「上辺だけ」という印象を持たれて距離を取られてしまうため要注意です。

初対面でも、話していれば相手のちょっとした気遣いなど、内面で褒められることはたくさん出てきます。そんな相手の良いところとしっかり向き合うことが、良い褒め方をするうえでは大事なのです。

若さなど年齢に触れる褒め方は印象が良くない

「若くて良いね」といったように、年齢に触れるような褒め方もNGです。基本的に女性と話す際、年齢に関する話を持ち出すのは、男性として野暮。失礼な人だと思われても仕方がないでしょう。

年齢は、時間とともに変化するものです。「若いこと」を褒められても、その時限定の良さなので、女性からしてみれば嫌な印象にしかなりません。

同じことしか褒めないのもNG

同じことばかり褒めるのも、相手としっかり向き合っていない印象が強くなるため避けるようにしましょう。特に外見について「可愛い、可愛い」と何度も触れるのはNGです。

何度も同じようなことばかり褒めてくる人の印象は、女性にとって「褒めれば良いと思っている恋愛下手な男性」です。また、同じことばかりではなかったとしても、褒めすぎにも気をつけましょう。褒め言葉に重みがなくなり、お世辞の印象が強くなるからです。

「セクシー」などいやらしい褒め方にも注意

「セクシー」「色っぽい」「いい身体してる」といったいやらしい褒め方にも注意しましょう。当然ですが、初対面でこのような褒め方をしてくる男性には、女性は警戒しかしません。場合によっては失礼に当たる場合も多いです。

遊んでいる風な印象も強くなるため、そんな点を褒めるくらいならもっと別のところを褒めた方がよっぽど有意義です。

まとめ

恋愛をスムーズに進めていくうえで、女性への褒め方をマスターすることはとても大事なことです。そもそも相手を素直に褒められる人は印象が良いため、喜ばれる褒め方をマスターできるだけで、自分のモテ度は大きくアップすると言っても良いでしょう。

女性をしっかり褒めて、喜ばせることができるモテ男になれれば、新しい出会いがあっても恋の行方は安泰ですね。PREMIUM MEMBERS(プレミアムメンバーズ)では婚活中の男性へ、毎月5名、写真審査を通過した素敵な女性をご紹介しています。その他婚活パーティーにも参加いたただけるため、女性との出会いは充実すること間違いなしです。

ぜひ女性を喜ばせる褒め方をマスターし、理想的な恋愛・婚活を叶えにいきましょう。