「俺は結婚しない」は男性の強がりなのか?増加する理由と寂しい将来

「俺は結婚しない」は男性の強がりなのか?増加する理由と寂しい将来

ここでは「結婚しない」と常に発言している男性の特徴、そしてそんな男性は将来どういった未来が待っているのか見ていきます。

「俺は結婚しない」
「1人の方が気楽」

などと発言する人っていますよね。
確かに1人が好きというのは、事実なのでしょう。

それを裏付けるかのように、近年は平均初婚年齢が上がってきています。
20代男性に限っては、72.7%が未婚。
30代前半男性でも47.1%が未婚です。

こういった現状を見ると、結婚しない人が増えていることが明らかになっています。
しかし、そういった状況は果たして良いのか、詳しくみていきましょう!

なかなか結婚しない男性の特徴

なかなか結婚しない男性の特徴

他人に合わせるのが嫌、面倒

最近は、「自分1人の空間を楽しみたい」という人が増えてきています。
景気が回復傾向にあり、収入面で苦労せず自由にお金を使えるという考えもあるかもしれません。

ただ、経済的な理由より考え方による部分が大きいです。
例えば、居酒屋に何人かで行くと、相手のことも考えてメニューを選択することになります。

しかし、一人で居酒屋に行けば好きなメニューを注文し、好きなタイミングでタバコを吸うなんてことも可能です。

一切、他人に気を使う場面がないのでストレスがかかりません。

仮に一緒に飲みに行った相手の中で一人でも禁煙者がいれば、タバコは控えておこうという気持ちになりますからね。
いちいち気を使うのが嫌という考えから、1人の行動が増えてきます。

自分の趣味を全うしたい

なかなか結婚しない男性の特徴として、何かのめり込んでいるものがあるというケースがあります。

例えばプラモデルや電車、旅行など。
もし結婚したり、付き合ったら、「そんなものばかりにお金を使って!」、などと必ず指摘されてしまうでしょう。

しかし、「自分のお金で自分に投資しているわけですから、他人にとやかく言われたくない」という気持ちがあるはずです。

自分自身がその状況に満足しているわけですから、それをわざわざ変えたくないという気持ちがあります。
こういった人は何か趣味に冷めるきっかけがない限り、なかなか結婚へのステップは難しいでしょう。

そもそも人付き合いが好きではない

女性のみならず男性ともあまり付き合いがないという男性もいます。
そういった人ほど未婚率が高いです。

「人と一緒に過ごすことによる楽しさを共有できない」、「過去に何か人付き合いでトラブルや嫌な目にあった」という可能性があります。

こういった人は自分の殻に閉じこもりがちなので誰かが声をかけない限り、ちょっとその状況を改善するのは厳しいです。
ただ、そういった人は世の中にたくさんいますから、自分の悩みや考え方を共有できる人に出会えば、そういった人たちとの付き合いが発展していく可能性があります。

最近はSNSなども発展していますから、何かの趣味などをきっかけに交友関係がスタートするかもしれません。

責任を負いたくない

責任を負いたくない

結婚しても楽しさより責任が増えそうで怖いと考える男性も多いです。

  • 妻を養っていかなければいけない
  • しっかり子育てしなければいけない
  • いずれ家を買わなければいけない

こういったプレッシャーを感じて、結婚への意欲がなかなか湧かないという男性も多いです。
しかし最近は専業主婦より、結婚後も働いている女性の数のほうが上回っている状況です。

全ての負担を抱えて養うというのは、あくまでも妻の妊娠中や子供が小さい間のみでしょう。

「いつまでも夫に頼ってばかりいられない、もう少し経済的に余裕を持たなければ」と考える女性も多いですから、男性が必要以上にプレッシャーを感じる必要はないでしょう。

結婚したからといって、急にプレッシャーが増幅することはありません。
今まで通り働いて普通に生活していけば、家族が満足できるぐらいの暮らしはできるはずです。

独占欲が強い

なかなか結婚しない男性は、他人と何かを分かち合ったりすることに喜びを感じないタイプです。
簡単に言うと独占欲が強い男性。
例えば、

  • 女性におごるのが嫌
  • 自分で稼いだお金は自分に使いたい
  • 他人と物を分けたりするのが嫌
  • 幸せは自分だけで噛み締めたい

などと考えがちな男性です。
しかし、こういった考え方だと逆に、常に自分以外からの奉仕を受けられない状況です。

他人と常に分かち合うようになれば、時には自分が苦しい時に相手から手を差し伸べてくれるはずです。

なかなか結婚しない男性は、自分だけが何か与えなければいけないと考えすぎているのかもしれません。
運命共同体になれば与えたり、与えられたりという状況が続きます。

独占欲が強すぎると、逆に他人からの協力や助けを受けられないということになってしまいます。

「結婚しない」と素直に言えるのも30代前半まで?

「結婚しない」と素直に言えるのも30代前半まで?

「結婚しない」という発言が意地になっていないか?

「俺は結婚しないから」、「1人の方が全然楽しい」などと素直に言えているうちはまだ良いでしょう。

しかし40代や50代になって、そのような発言をしていると、むしろ「惨めな人」と周りから思われてしまいます。

30代ぐらいから結婚している人も増えていき、40代になるとむしろ結婚している人の方が多くなってきます。

そして次第に周りは子供も出来、新しい家族を持つ状況に。
そんな状況で「俺は結婚しない」と言っていても、他人はちょっと冷めた目であなたのことを見ているかもしれません。

「俺は結婚しない=1人で生きていく生きざまがかっこいい」などと誰も思いません。

「そうやって言いながらずっと1人のままで過ごすんだな・・・」と他人ごとのように思うだけです。

中には結婚しないと発言した手前、なかなかすぐに結婚へと方向転換できないという人もいるかもしれません。
しかし頑固に結婚しないと言い続けるより、方向転換した方がよっぽど自分のためです。

手遅れになるぐらいなら早く結婚して、「あんなに結婚しないって言っていたのにー」などと周りから突っ込まれるぐらいの方が周りも幸せになりますし、笑い話で済みます。

「いつでも結婚できる」という気持ちに焦りが・・・

「俺は結婚しない」と発言している人の中に、本当に結婚しないと思っている人は果たして何割いるのでしょうか。

「結婚しない」と言いつつも、「いつかは結婚できる」という気持ちも心の片隅にあるのではないでしょうか。

「結婚しない」と公に言えるのも20代ぐらいまで。
30代になると「結婚しないというより、結婚できない」という目で周りから見られてしまいます。

容姿が優れていたり、高年収であればまた別の話ですが、いわゆる一般的な男性で結婚していないとなると、単純に「縁がないんだろうな」と周りは思います。

どうしても人間30代、40代、50代と年齢を重ねるごとに容姿や体力などが劣っていきますから、それに応じて恋愛対象になりにくくなります。

あなたがもし急に結婚したいという気持ちが出てきたとしても、もはやあなたのことを誰も相手にしないという状況が待っているかもしれません。

「結婚しない」という今の気持ちがあったとしても、「それがいつまでも続いたら将来どうなるのか」という客観的な考え方も必要になってきます。

40代、50代まで結婚しないことの意味

40代、50代まで結婚しないことの意味

もし「結婚したい」という気持ちがようやく40代や50代になって出てきたとしましょう。
もちろんその年齢でも結婚できないというわけではありませんが、相手を選べる選択肢はかなり減っていきます。

選べたとしても、相手が子持ちやバツイチなどの可能性も十分あります。
20代や30代の女性は、あまりにも年齢が離れすぎている男性を選ぼうとしません。

そうなると自分が40代、50代の場合、対象者が40代前後の女性ということになります。
そのぐらいの年齢の女性は、結婚に一度ぐらい失敗しているケースもありますから、必ずしも初婚とは限りません。

やはり自分が初婚の場合は相手も初婚が良いと考える人が大半ですから、そういったことが年齢を重ねるごとに難しくなってきます。

また、40代や50代での結婚となると、出産が難しくなるという側面もあります。
妊娠は女性だけの問題でなく男性も関与してきます。

年齢を追うごとに精子の運動率も低下していきますから、妊娠しにくい精子になります。
妻と2人だけの生活に重きを置いているなら別ですが、子供が欲しいと考えているならやはり若いうちの方が良いということは否めません。

将来、孤独死なんてつらすぎる

「結婚しない」という強い意志を持っている人でも将来を考えると、その発言がだんだん少なくなってくるのではないでしょうか。

結婚しない人の大半は、「今が楽しい」というだけです。
60代や70代、80代になっても結婚しない1人の生活が楽しいと言えるでしょうか。

ご飯を用意したり、掃除をしたりなど生活するだけでも大変な思いをするかもしれません。

また、買い物に行くことすら不自由になってしまうことも。
若い時には気づかないような苦労する場面が増えますから、そういった時にサポートしてくれる存在がいるかいないかはとても重要です。

年齢を重ねた時に、もし兄弟などが近くに住んでいなければ、あなたとコミュニケーションをとる人がほとんどいないなんて状況になりかねません。

そうなると最悪、孤独死なんていう寂しい終わり方を迎える可能性も・・・。

そういった人生でも悔いがないと思えるぐらいなら1人でも良いですが、やはり人生をトータルで考えると、誰かと共にしたほうが幸せになる可能性が高いと言えます。

まとめ

以上、「俺は結婚しない」と強がり発言が続く男性の心理、そしてそういった人の寂しい将来について紹介しました。

「結婚しない」という気持ちを変える事は恥ずかしい事ではないです。
むしろそういった発言を永遠に続けている方が恥ずかしいことです。
何かきっかけをつかんで新しい出会いを見つけてみましょう。

例えばこういったサイトには素敵な女性が多数登録しています。

写真審査制・エリート対象の婚活&結婚相手紹介サービス | プレミアムメンバーズ

今までずっと1人が良いと思っていたのは、なかなか良い女性にめぐり合わなかったこともあるかもしれません。
素敵な女性に出会えば、180度考えが変わるかもしれませんので、ぜひ新しいステップを踏み出してみましょう!