仕事の悩みダントツ1位「人間関係がつらい!」デキる男の解決方法とは?

仕事の悩みダントツ1位「人間関係がつらい!」デキる男の解決方法とは?

仕事をしていれば、一日の大半を過ごすのが仕事場になります。それゆえに職場で人と接することでフラストレーションを抱える方も多いのではないでしょうか。毎日のように仕事場へ通えば、僅かなストレスも蓄積されて膨大になっていくものです。

退職の理由のほとんどが「職場の人間関係」という統計もあるほど、仕事における人間関係に悩みはつきもの。どのように解決していくべきでしょうか。

人間関係は変動していく

ブラック企業という言葉が定着し始めて10年ほどと言われています。労働時間の長さや待遇など仕事における環境面は、問題として表面化しやすいものです。有名企業で新入社員の過労による自殺がニュースで大きく取り上げられたことも、まだ耳に新しいでしょう。

しかしこういった目に見えやすいものとは違い、職場の人間関係というのは当人の間だけの問題として見なされやすいものです。だからこそ、「我慢しなければ」と悩んでしまうというケースが多いものではないでしょうか。
人と人がいれば衝突や対立は起こり得るもので、これはどこの職場にも言えることです。

また、企業の大小に関わらず職場の人員も常に変動していくものです。辞めていく人もいれば、新しく入ってくる人もいて、人事異動などによって離れていく人や新たに配属される人もいます。つまり、今は職場の人間関係が良好だからといって、この先もずっと同じとは限らないのです。

心身が疲弊する要因になり得る

仕事場で人間関係に悩むことは、悪い連鎖を生んでいくものです。ストレスにより注意力が散漫になれば、仕事に集中しづらくなりますし、仕事の効率も低下してしまいますよね。そうして仕事に影響すればさらにストレスを抱えることになりますし、「どうしてうまくいかないんだろう」と自己評価が下がれば、メンタルもダメージを受けやすくなります。

実際、うつ病の原因の多くは対人関係によるものと言われており、ここに職場での人間関係も含まれているのです。落ち込んで悩んでしまうと、ホルモンバランスの関係で体調も崩しやすくなってしまうものなのです。

仕事をする以上、職場で人と接することは避けられません。それによる悩みも伴うものでしょう。それでも自分の気持ちの整理の付け方で、人間関係によるストレスは軽減することができるものですよ。

「つらい人間関係」デキる男の解決方法

「つらい人間関係」デキる男の解決方法

それでは、人間関係がつらいと悩んでいるあなたに、その解決方法を紹介させていただきます。ほんの小さなことから少しずつ始めていくことができますので、ぜひ参考にしてみてください。

コミュニケーションは言い方ひとつ

何気ないコミュニケーションの中でストレスが生じやすいものですが、同じ言葉でもニュアンスは変わってくるものです。

「AとBどちらがいいですか」と相手に尋ね、どちらでもいいと答えられたとしましょう。「そんなのどちらでもいい」、「あなたが選ぶなら、どちらでもいい」と答えられるのは、どちらが気分が良いものでしょうか。
前者は関心がない、後者は信頼しているから任せる、というニュアンスが伝わってきますよね。

言葉を交わす際も、相手を尊重していることを言い含めることで、話し合いは円滑になります。けしてお世辞を言うと考えるのではなく、相手に不快感を与えないためと捉えましょう。そうすることで要らない反感を買うことを避けられますし、自分のストレス軽減にも繋がります。

コミュニケーションの基本ですが、自分がされていやだと思うことは、相手にもしないことです。情けは人のためならずと言いますが、周囲に辛くあたってしまうと、それもいずれ自分に返ってきてしまうと思いましょう。

悪口や陰口を言わない、加担しない

悪口や陰口を言わない、加担しない

女性社会は特に陰口が多いものではありますが、男性社会も少ないとは言い難いものです。まず、嫌いな人の悪口や陰口はやめましょう。声に出す言葉というのは取り消せないものですし、誰に聞かれるかわかりません。それが噂として広まれば、必ずといっていいほど尾ひれがついてしまうものです。

ストレスの発散方法として溜め込んでいたものを言葉にするというやり方は確かにありますが、第三者に対して行ってしまうのは、社会人としては避けておきたいところです。

逆に、悪口や陰口に同意を求められた際は、曖昧にはぐらかしてしまうほうが無難です。悪口や陰口は同意してしまえば加担したことになりますし、後味も悪くなるものです。自分の人間性も悪く評価されてしまいますし、心理的な負担に繋がると思いましょう。

同期はギブアンドテイクを提案

職場の人間関係の悩みにも度々登場する、同期や同僚という存在。「ミスのフォローが多くてストレスになる」、「遠慮のない同期の言葉にイライラする」といった悩みが散見されます。

しかし自分と他人は違うものですし、仕事のペースも性格も異なって然り。同期との人間関係に悩む際は、まず相手と自分が対等な立場であるということを思い出しましょう。特に同期の人は同じ時期に仕事を始め、年齢も近い場合が多いですし、職場上で最も近しい存在であるはずですよね。うまく味方につけて、悩まずにいたいところです。

同期の人に頼みごとをされた場合、引き受ける代わりに自分も「ここを手伝ってほしい」と提示しましょう。気をつけたいのは、同期は上司や後輩に比べて遠慮がないぶん、一度引き受けると続けて頼みごとをされがちだということ。相手の頼みを聞くなら、自分も相手に助けを頼むギブアンドテイクにすると、一方的な負担というストレスはなくなりますよ。

先輩、上司からの重圧はワンクッションを入れて

先輩、上司からの重圧はワンクッションを入れて

仕事上での人間関係の大半はやはり、先輩や上司の存在が大きくなるものです。相手が目上の人であれば、多少理不尽さを伴う言動や行いにも耐えなければならない局面も少なくないものです。

上司や先輩の言動で「さっきはこうするように言われたはずなのに……」と矛盾を感じた際などは「恐れ入りますが」と必ずワンクッションを入れて、「先程のお話しですと……」と切り出しましょう。ここで大切なのは指摘するのではなく確認する、というニュアンスで伝えると角が立ちません。

また、自分が忙しい際に更に仕事の生産性の向上を求められた際も、「恐縮ですが」と申し添えて現在の進捗を伝え、必要な時間や人手を伝えましょう。「急いでやります」と言ってしまうのは、自分自身を追い詰めてしまうのと、無理が通ると相手に思われてしまうので、あまりお勧めはしません。

また、先輩や上司のことが極度なストレスになったり、ハラスメントと言えるほどの重圧となっている場合は現状を打開する勇気も必要となります。自分の実績や働き、目上の人からの仕打ちをなるべく細かく書面化しておきましょう。上司の更に上の上司に相談する際も、記録したものは有効になります。

後輩、部下への注意はアプローチの仕方に気をつけて

ある程度の年齢ともなれば、仕事場には後輩や部下も多くいることでしょう。仕事を教えたり、注意することがきっかけで目下の人と接する機会も多々あります。自分の仕事が忙しかったり、捗らない時に後輩や部下から教えを請われたりすると、つい苛立ってしまうものですよね。そこで強い口調で諭してしまうのは関係を悪化させてしまうことになるので要注意。

ミスや不注意を諭す際も、大勢の目の前で長く叱ってしまうのは逆効果。後輩や部下との関係を良好に保つには、相手を信頼している姿勢を見せることが大切です。注意する際は、頭ごなしに叱るより「なぜそうしたのか」をヒアリングし、間違いを正すことが効果的です。

過ちという結果だけを取り沙汰するのではなく、過ちの経緯を理解させるほうが諭される側も納得できるからです。「俺の若い頃は……」は今ではタブー。諭し方ひとつで、後輩や部下との関係は良好になるものですし、結果として自分も周りに信頼されますよ。

「相容れない人もいる=落ち度」ではない

「相容れない人もいる=落ち度」ではない

職場には自分だけでなく、上司や先輩、同期・同僚、そして部下や後輩と多くの人間関係が存在します。関係を良好にしようと努めることは大前提ですが、どれほど譲歩して努力をしても、相容れない人もいるものです。しかし、それが自分の落ち度だと思い込んで悩んでしまう必要はありません。

「この人と自分は合わないんだ」と割り切って自分を赦せばいいのです。仕事上、円滑なコミュニケーションは必要になってきます。ですが、必ず相手を好きになる必要はありません。重要なのは、仕事に支障をきたさないことです。仕事上とプライベートの感情は切り離して考えましょう。

ストレスを発散する趣味を持つ

職場と自宅との往復のみになると、どうしてもストレスを引き摺ってしまいがちです。長く仕事を続けるためにも、ストレスの発散方法は確立しておきたいところです。仕事帰りにスポーツで汗を流したり、週末は趣味に励むのも良いでしょう。

ポイントは、できるだけ仕事とはかけ離れた趣味を持つことで気分転換になりますよ。特に身体を動かすものや、頭を使うものは心身に効果的です。趣味に没頭することで仕事のストレスを発散できますし、集中力も養われます。

まとめ

ほとんどの人が、仕事上での人間関係に悩むものです。自分だけがうまくいかないのだと思って落ち込んでしまう必要はありません。合わない人がいたとしても、気持ちを切り替えられることが大切です。

退職する、転職すると考える前に、少しだけ仕事場の人との対人関係を見直してみませんか。自分の意識や周りとの接し方で、解決方法は見えてくるものです。仕事場でうまく人と付き合うことも、あなたの評価に繋がっていくものですよ。