結婚できない40代男性の特徴と今すぐ始めるべきこと

結婚できない40代男性の特徴と今すぐ始めるべきこと

なかなか結婚できないと悩んでいる40代、または間もなく40歳を迎える30代後半の男性も多いのではないでしょうか。
何が原因なのか改善点を洗い出さないと、今後も結婚が難しくなってしまいます。
そこで、結婚できない男性の特徴と、今すぐ始めるべきことについて紹介していきます!

結婚と真剣に向き合っていない

結婚と真剣に向き合っていない

恋愛に対して諦めている

結婚できない最大の要因は、「本気で結婚したい」という意思がないこと。
「自分なんて結婚は無理」とネガティブな考えを持っている人ほど、結婚への執着心が薄いです。

ただ、どんな容姿の人でも、どんな職業の人でも結婚している人はいます。
結婚はどんな人でも縁さえあればチャンスがあるもの、という意識改革が必要です。

結婚は年齢を重ねれば重ねるほど難しくなりますから、1日でも早く行動することが必要です。

子供みたいな考えが残っている

「純粋無垢な子供みたいな考え方」というと聞こえはいいですが、それ以外の部分で子供みたいな考えがあると、むしろネガティブな印象を与えます。

例えば、下記のような考えを持っている人は結婚が遠ざかってしまいます。

  • 自分が1番だと思ってしまう
  • すべて他人まかせ
  • 我慢ができない
  • その場しのぎで改善しようとしない
  • 自己管理ができていない
  • 冷静な判断ができない

こういったことに該当する人は結婚が遠ざかります。
もし上記該当する部分が一つでもあるなら、改善するように努力しましょう。

理想が高すぎる

結婚と真剣に向き合う際、ある程度相手のことも受け入れて人生を共にするという覚悟が必要です。
結婚は、「自分の理想が完璧に合う人とするもの」と考えている人ほど、未婚の人が多いです。

性格や見た目など100点の人と巡り合うというのは、なかなかない奇跡です。
妥協とまでは言いませんが、ある程度、劣っている部分も受け入れる覚悟がないと結婚までたどり着かないでしょう。

特に、普段の生活でちょっとした価値感の違いだけで、すぐに別れを考える人は結婚できません。
育った環境が違うのですから、考えが多少異なるのが自然なこと。

「そういった考えもあるんだな」と受け止められれば、それが自然になっていきます。
心を広く持って、柔軟に対応する意識を持ちましょう。

過度の心配症

過度の心配症

自由がなくなると思っている

なかなか結婚できない人の特徴として、「結婚したら自由がなくなる」と思いすぎている人がいます。

確かに独身時代よりは自由が利かなくなりますが、それでもお互いの時間を尊重すれば、ある程度、時間を作ってくれる人も多いです。

あらかじめ、「いついつに友達と会いたいんだけどいいかな?」などと相手に言えば、問題ないケースがほとんどです。

毎日のように遊び歩くというのは当然結婚後できませんが、全く自由がなくなるわけではないので、そこを誤って解釈しないようにしましょう。

もし結婚後自由がなくなるか心配な場合は、付き合っている段階で「お互いの時間も大切にしよう」などと話し合っておけば問題ありません。

金銭面を心配している

「結婚したらお金がかかって、とてもやりくりできないだろうから結婚は無理」と考えている男性も多いです。

しかし、結婚後に膨大なお金がかかるということはありません。
最初の引越し代や家具、家電をそろえる部分でお金がかかりますが、生活費においては独身時代とそこまで変わらない状況です。

最近は仕事をする女性も増えていますから、むしろ共働きになって今まで以上にお金に余裕が持てる人が多いです。

ちなみに子供が生まれてからは、当然育児にお金がかかります。
未就学児の子育て費用は、だいたい1年で100万円前後。

しかし、この費用を全て負担しなければいけないというわけではありません。
出産時には出産手当金や育児休業給付金がつきますし、子供を育てるときも児童手当てがつきます。

例えば、0歳から3歳までの子供を育てる時に児童手当てとして1年間で18万円支給されます。
結婚していないとこういった手当てに疎いので、「すべて自分で負担しなければいけない」と思いすぎている部分があります。

女遊びができないと心配している

「結婚したら女遊びができない」と思っている男性ほど30代、40代になっても未婚という人が多いです。

確かにこれはその通りで、結婚したら女遊びはまずできません。(独身で恋人がいる段階でも女遊びをして良いわけではありませんが・・・)

ただ、「結婚して女遊びができなくなる」ことと、「結婚せずに女遊びをして、将来結婚できなくなる」ことを天秤にかけて、どちらの方が幸せになれると思いますか?

後者と答える人は少ないはずです。
老後なども含めて人生を楽しくまっとうするなら、やはりある程度女遊びには区切りをつけて、真剣に結婚と向き合った方が、より充実した人生を送れるはずです。

「結婚して女遊びができなくなる」と心配するより、「このまま遊んでいたら将来結婚できなくなるかも」と心配した方が良いでしょう。

環境的、物理的要素

環境的、物理的要素

仕事が忙しい

結婚ができない理由として、「仕事が忙しいから」という理由を挙げる男性が非常に多いです。

確かにそういった要因もあるかもしれませんが、仕事が忙しくても結婚している人はいますし、そもそも他の理由を言い訳にしていたら、いつまでもその状況から抜け出せません。

「仕事が忙しいから結婚できない」ということを受け入れてしまうと、この先も結婚できない可能性が高いです。

ただ実直に今を頑張っているという表れかもしれませんが、それが仇となって、人生を振り返った時に、「あの時、仕事以外のいろいろなもの(婚活など)に目を向けていたらな・・・」などと後悔する可能性もあります。

仕事が忙しくても何とか時間を作って婚活に励みましょう。

出会いがない

結婚できないと嘆いている男性に多く聞かれるのが、「異性と話す機会がないので結婚できない」という意見。

ただ、女性と出会う場がない男性なんて、世の中にはたくさんいるわけです。
女性と話せる場を誰もが提供されるわけではないので、自分からその場に足を運ばない限り出会いは生まれないでしょう。

出会いがないからと言い訳する人に共通することは、「出会いの場に行こうとしていない」ということです。

仮に職場に女性がいたとしても、「仕事は仕事」と割り切っている女性も多いので、むしろ仕事以外の場で出会いを求めていく必要があります。

婚活パーティーや合コンなども良いですが、なかなか一目会って自分のタイプに合うというケースも少ないです。

それならば、婚活サイトがお勧めです。
婚活サイトは写真を見て相手を判断できます。

特にビジュアルを重視したい人におすすめなのが「プレミアムメンバーズ」です。

写真審査を通過した人のみが登録しているということで、見た目でがっかりというケースが非常に少ないです。
色々な婚活サイトに手を出す前に、まずはこういった理想の相手に出会えそうなサービスで試してみてはいかがでしょうか。

同世代に比べてステータスが劣っている

40代でなかなか結婚できない男性は、同世代に比べてステータス面で差がついている可能性があります。

20代ではそこまで差がなかったとしても、30代後半から40代になってくると、年収で300万や400万円、さらにはもっと差が開いている可能性があります。

そうなると当然女性もできるだけ年収が高い男性が良い、という意識が生まれるため、ステータス面が劣っていると結婚できにくくなってしまいます。
婚活サービスでも登録時に年収を設定しているところの方が、良い出会いが生まれやすいという声もあるくらいです。

年齢を重ねるごとに年収は、容姿と同じくらい重要なポイントになってきます。

40代男性は何とか解決すべき点です。
容姿よりはまだ自分の努力次第で改善可能になっていますので、尽力しましょう。

今すぐ始めるべきこと

今すぐ始めるべきこと

改善点の洗い出し

自分がなぜ結婚できないのか、改めて考え直す必要があります。
これは出来れば、自分をよく知る第三者に聞いた方が良いです。

多少傷つく可能性があったとしても、重要なアドバイスをもらえる可能性があります。
容姿に問題があるのか、年収や職業などのステータス面に問題があるのか、それとも性格面に問題があるのか。

自分の弱点を克服することで結婚への可能性が広がっていきます。

出会いの場に足を運ぶ

積極性を出して恋愛の場に足を運ぶようにしましょう。
最近は婚活サービスが頻繁にCMでも放送されていて、身近なものになってきています。

結婚相談所で、年配の女性が仲介役を務めるなんていうのは昔の話。
今は気軽に誰でも利用できるような婚活サービスに変わってきています。

ただ、出会いの場といっても年齢に合ったものがあります。
合コンや出会い系サイトで、30代や40代の男性が出会いを求めていると引いてしまう女性が多いです。

30代や40代の男性なら、やはり婚活パーティーや婚活サービスがおすすめ。
実際に参加してみるとわかりますが、いわゆる「売れ残った人の集会」みたいな雰囲気はまるでありません。

「たまたま縁がなくて集まっているんだな」という雰囲気があります。
こういった場に参加すれば、あなたに対してもネガティブな印象を持つ女性は少ないでしょう。

そして出会いの場に足を運んだとき、40代男性が意識したいのは、「相手の好きなタイプ」について。

ちょっと渋めの俳優さんやタレントを記載している場合は、年上好きの可能性が高いです。
自分が恋愛対象となっていそうな女性にアタックしましょう。

継続すること

30代や40代の男性は20代の若い男性に比べて、やはりチャンスが少ないのも事実です。
年齢幅の広い婚活イベントに参加すると、やはり若い男性の方がモテる傾向にあります。

せっかく参加してもカップル誕生ならず、なんてことは十分あるでしょう。
しかし、そういった状況になっても決して諦めないことが大事です。

参加しておいて何の成果も生まれないと、「次へ!」という意欲がわきにくくなりますが、それで諦めてしまっては意味がないです。
何回か参加すれば必ず気の合う女性も出てきますから、その出会いを信じて何回も挑戦しましょう。

まとめ

以上、40代の男性が結婚できない特徴、および今から始めておきたいことについて紹介しました。

まずは自分が結婚できないポイントを知ることが大切です。
そして、そのポイントを克服した上で継続的に出会いの場に出かけ、チャンスをうかがえば、必ず結婚にたどり着くはずです。
ネガティブな考えはとっぱらって、成功するイメージだけを持って行動しましょう。