結婚できない税理士の特徴と原因!結婚するための解決方法

結婚できない税理士の特徴と原因!結婚するための解決方法

ここではなかなか結婚できない税理士の方に参考になる情報を紹介します。
結婚できない理由と一言で言っても、仕事の影響があるかもしれませんし、出会いの回数、交際時の考え方など、様々なことが影響しているでしょう。

そこで結婚できない理由を一つ一つ整理していき、結婚するための解決方法を探っていきます。
なかなか良い出会いに恵まれないという税理士の方は、ぜひ参考にしてみてください。

税理士の結婚と実態

税理士の結婚と実態

職業的には問題なし!

「税理士だから結婚できない」ということはないでしょう。
むしろ好意的にとらえる女性の方が多いぐらいです。

「収入が良い職業」
「堅実な職業」
「お金について詳しい職業」
「独立できる人もいる職業」
「経営などについて詳しい職業」

こういった印象をいただく人が多く、基本的にネガティブな印象を受ける女性は少ないはずです。
世間体も良いですし、ちょっと一目置かれる職業といっても過言ではありません。

そして実際に、収入面でも他の職業より上回っている状況です。
20代ではそこまで年収差が同世代と比べてつくわけではありませんが、40代、50代と年齢が上がり、勤務年数が増えるにつれて年収アップも大きい職業です。

会社の規模や売り上げによって収入も差がありますが、平均は20代で450万円から500万円程度、30代で500万円から650万円程度、40代では600万から800万円程度となっています。(振り幅があるのは独立しているかなども影響しています)

イメージとしては、同世代と比べて年収換算で100万円から200万円程度は多いのではないでしょうか。

こういった具体的な数値を女性が理解しているとは限りませんが、「他の職業よりは収入がよさそう」というぐらいのイメージは持っているはずです。
ある程度、大人の女性であれば収入も相手を選ぶ重要な要素になりますので、税理士という職業は、恋愛においてアドバンテージになるはずです。

デメリットは不規則な業務形態

収入の高さはメリットと言えますが、逆にデメリットも存在します。
それは不規則な業務形態。

職業柄、個人や企業を相手に受け身となる業務が多いのが特徴です。
例えば、運送業務なら配達して終了、製造業務なら1日の生産量に到達して終了など、目処があります。

しかし、税理士の場合は相手の要望や依頼によって業務量も変わってきます。

例えば、個人事業主の方から確定申告の依頼を受けたとしましょう。
その個人の方がすべて記帳していれば、業務量も少なくなりますが、毎月の記帳代行まで行うとなると、かなりの作業量になります。

多い方によっては、仕訳の数が月に100、200となるケースもありますので、それによって税理士の業務量も大きく変動してきます。
あらかじめどれぐらいの作業量か分かっていれば、どのぐらいで仕事が終了するか分かりますね。

しかし税理士の場合はクライアントごとに依頼量が違うので、自身の裁量で作業量を決められないというデメリットがあります。

そうなると、毎日定時上がりで仕事を終えるというのも難しくなってきますし、繁忙期には月の残業時間が60時間、80時間などとなってしまう事も珍しくありません。

こういった不規則な業務が、交際時にちょっとデメリットになってしまうかもしれませんね。

ある程度交際年数が長ければ良いのですが、まだ付き合いたての段階では、デートの約束を二の次にして仕事ばかり優先していると、「この人は私のことをあまり大事にしてくれないのでは?・・・」と半信半疑な気持ちになる女性もいます。

適正な出会いの行動をとっているか

適正な出会いの行動をとっているか

出会いへ向けた活動

「なかなか出会いがないんです」と言っている人ほど何もしていない人が多いです。
自然な形で出会えれば、それに越したことはないでしょう。
しかし、なかなかそういう人ばかりではないのも現実。

税理士は堅い職業という周りの印象もあるので、なかなかクライアントに女性がいたとしても、プライベートな話しかけ方も難しいでしょう。

もし相手にそういうつもり(異性としての視線)がなかったら、仕事上での信頼関係を失って、業務に影響が出てしまうかもしれません。

そういった事態を考えると、あまり仕事とプライベートを一緒に考えるのはよくありませんね。
他の職業と違って、ちょっと気楽さが少ないという点はデメリットでしょう。

ただ、冒頭でお伝えしましたが、一般女性が税理士に対して持つイメージは良いわけです。
それを生かさない手はありません。

例えば、結婚相談所や婚活パーティー、婚活サイトなどでは必ず職業を記載します。
そこに「税理士」と書いてあれば、かなり魅力的に映るはずです。

どこかの事務所に所属しているという形でも良いですし、独立しているという形でも相手は尊敬の眼差しで見てくれるでしょう。

ただ、独立して間もないという状況ですと、まだまだ将来性や安定性に欠ける部分があります。
独立してから5年以上経過しているような実績があれば、それを公にしても良いでしょう。

出会いのターゲットを考える

基本的に税理士の印象は良いのですが、場合によってはその効力を持たないケースもあります。

例えば、軽いノリの合コンや街コンに参加した場合、職業云々よりも、その場の雰囲気を盛り上げたり、楽しませてくれるトーク力のある男性の方が、女性にとって魅力的に映る可能性が高いです。

無口であまりしゃべらないと、「この人は仕事ばかりしてきたのかな」、「楽しくない男性」などと逆にマイナスの印象を与えてしまうこともありえます。

出会いの場を考えないと、「税理士だから良い」という状況になりません。
特に20歳そこそこの女性が相手の場合、職業よりも容姿や雰囲気、話し方などを大事にするので、税理士にとってはアドバンテージの少ないシチュエーションと言えます。

できれば20代中盤から後半、30代の女性をターゲットとして出会いを探していきましょう。

もし合コンや街コンなどを考えている場合、場所選びも大切です。
例えば、大衆居酒屋のような場所が舞台になると、そういった客層が多くなります。

しかし、ちょっとおしゃれなレストランやホテルのビュッフェなどがメインになれば、女性の客層にも変化が出てきます。
場所によって、どんな女性と出会えるかも変わってきますので、そのあたりも意識してみましょう。

第1印象を意識する

どうしても「税理士=堅い職業、堅い人」というイメージが拭いきれません。

それを払拭する意味で、もし出会いの場に出かけたら、自分から積極的に話しかけ、フランクな印象を与えましょう。

そして、業務の難しい話をするよりも、もっと気軽な話題の方が印象も良いです。
それこそ趣味の話や好きな食べ物、好きなレストランなどの話が良いですね。

「難しい知識も知っているのに、美味しいレストランも知っているのね」などと女性が思えば、印象度もさらにアップします。
ただの仕事人間、と思わせるのではなく、幅広い知識を吸収できる柔軟性がある人物という印象を与えられるかどうかが大切です。

また、仕事に集中してしまうとテレビや今流行っているものなど、どうしても疎くなってしまいます。
しかし、あまりにも世間知らずだと、「おじさん」といった印象を与えてしまうので、必要最低限の流行や知識は身につけておきましょう。

交際と仕事の差別化

交際と仕事の差別化

女性に細かい指摘をしない

職業柄、数字とにらめっこすることの多い仕事です。
確定申告書、決算報告書、法定調書など様々な書類を作成します。

そこで数字の間違いや整合性がないものを作成してしまうことは許されません。
そういった日々の業務が交際時も思わず出てしまうことがあります。

例えば、

  • デート代で毎月いくら支払ったか計算している
  • 彼女のために支払ったプレゼントの代金を集計している
  • 誕生日やクリスマス以外で何回プレゼントをあげたか数えている

こういったことを思わずしてしまっている税理士の方もいるのでは。

小遣いや給与の収入、支出を計算するぐらいなら良いのですが、「彼女のためにいくら使ったか」というものを記載していたら、ちょっと女性は引いてしまいますよね。

こんな男性と付き合っていたら、「もし別れた時にお前のためにこんなに費やしていたんだ」などと言われそうで怖いです。
もっと気軽にフランクな感じで付き合って欲しいと考える女性も多いので、こういった細かなデータ入力は辞めておいた方が良いでしょう。

浪費グセが多い男性よりは良いですが、あまり細かすぎると窮屈に感じてしまいます。

クライアントとの関係をクリーンにする

仕事との差別化で、もう一つ注意したいのがクライアントとの関係性。
中には女性を相手にするケースもあるでしょう。

どうしても職業柄、ミーティングが増えて相手とやり取りする機会も増えます。
メールや電話でやり取りすることも多いでしょう。

しかし逆に言うと、プライベートとの見境がつきにくい状況でもあります。
例えば、仕事が休みの日にもその女性クライアントから電話があると、もし彼女がいた場合、絶対に良い気はしません。

逆に「ちょっと仕事以外の感情もあるのでは?」、と疑われるかもしれません。

なかなかクライアントに「電話してこないで」とは言いにくいのですが、「土日祝日はお休みさせていただいています」などと事前に連絡し、基本的には営業時間以外で連絡を取らないようにしましょう。
休みの日はメールで連絡をもらうようにしましょう。

そして、電話番号に登録する際、相手女性の名前を登録するのではなく、会社名等で登録するようにしましょう。
そうすれば、もし彼女が自分の携帯を詮索しても、「仕事の人」とすぐに判断してもらえるはずです。

彼女ができてから急に対応を変えるのも変なので、彼女がいない時から、そういった仕事とプライベートの住み分けをはっきりさせておく必要があります。

まとめ

まとめ

以上、税理士の方が結婚するための解決方法を探ってみました。
行動の起こし方と考え方が出会いの鍵となります。

ただ、出会いは焦りすぎても良いことがありません。
やはり素敵な女性に出会ってこそ、「結婚したい」という願望が湧いてくるはずです。

例えば、こちらのサイトのように容姿が優れた女性ばかりがいるところだと、ちょっと結婚への意欲も高まってくるかもしれません。

写真審査制・エリート対象の婚活&結婚相手紹介サービス | プレミアムメンバーズ

容姿が全てではありませんが、やはり容姿は内面も反映されてくるものですからね。
気になる方はぜひチェックしてみてください!