アラサー独身男性が考えるべき婚活に向けた戦略

アラサー独身男性が考えるべき婚活に向けた戦略

そろそろ周りも結婚する人が出てきて、焦る年頃といえるアラサー。
近年の平均初婚年齢は男性が31歳、女性が29歳となっています。

この年齢あたりで彼氏、彼女がいない人は「真剣に婚活を始めなきゃ」と考える人が増えてきます。
そこで今回は、アラサー独身男性は必見!
婚活ではどんな戦略を立てて向き合うべきか、一緒に考えていきましょう!

婚活プロフィールを意識した対策

婚活プロフィールを意識した対策

世間の年収を知っておく

アラサーになってからの婚活は、若い時と比べてその人の人間性などをチェックする前にポテンシャルチェックが入ってしまいます。

簡単に言えば、年収や職業などのスペックです。
こういったスペックを重視して、その基準をクリアした人が恋愛対象となるというケースが多いです。

ちょっと悲しい部分もありますがこれが現実です。
やはり「人並み程度は稼いでいないと嫌だ」という女性が大半です。

年齢にあった平均年収を得ているのか、それが基準となります。
転職サイトのDODAが発表した年齢別平均年収は下記のようになっています。

【男性の場合】

28歳:408万円
29歳:425万円
30歳:440万円
31歳:456万円
32歳:475万円
33歳:482万円

(2017年度調査より)

上記見てもらうとわかるように、アラサーといってもかなり年収幅が異なります。
28歳なら400万円程度ですが、33歳を過ぎると500万に迫る勢いの年収が平均となっています。

これを基準として、もし自分の年収が劣っているなら転職をするなどして平均値より上回るような努力をしましょう。

婚活によっては具体的な年収を書かなければいけないケースもあります。
そういった事態に備えて、できるだけ年収を高くするに越したことはありません。

職業の伝え方を工夫する

職業も女性が必ず最初の段階で目を通す項目です。
よくわからない仕事だと「この人は先々不安」と思われてしまいます。

ちょっと地味な仕事だと自覚がある場合は、具体的な仕事内容まで記載する必要はありません。
オブラートに包んで伝えたほうが、かえって良い印象を与えることができます。

例えば、ネジやスプリングを製造している仕事だとします。
はっきり言ってそういった仕事を伝えても、あまり稼いでいるような印象を与えることができず地味です(そういった仕事に就いている方すいません・・・。)

その場合は、「製造関係の仕事に就いています。」と伝えるのが良いでしょう。
もし自社の知名度やブランド力が弱いと感じれば、「大手メーカーの◯◯会社の資材を提供している会社です」などと伝えると、印象も良くなるはずです。

伝え方次第で印象がガラッと変わるので、そのあたり意識しましょう。

趣味は女性と共有できるものを

趣味もインパクトを与える項目の一つです。
「まったく自分と趣味が合わないな」と女性に思われてしまえば、その段階でちょっと候補から外れてしまうでしょう。

趣味はありきたりな事でも良いのですが、その趣味が女性と共有できるものだとベストです。
具体的には下記のようなものです。

  • ドライブ
  • 映画鑑賞
  • 旅行
  • 美味しい物を巡る旅
  • 写真

こういった趣味だと、女性に共感されるケースが多いです。
「ドライブ」と記載すると、「車を持っている」と判断されるので一石二鳥です。(車の有無も女性側から見て評価対象になります。)

映画鑑賞は、デートする時のきっかけになるのでお勧めです。
どんな映画が好きかは好みが分かれますが、当たり障りないものであれば特に問題ありませんからね。

そして旅行や観光が好きという意見もおすすめ!
女性はまだ行ったことない場所や、食べたことないものなどにとても興味があります。
そういったところへ率先して案内できるというニュアンスが伝わります。

写真はやや興味が分かれるのですが、カメラに興味を持つ女性もいます。
カメラが趣味だと「趣味にお金をかけられる」、「いろんなところに行く人」といった解釈もされます。
プラス材料が多いので、趣味の欄に記載するのもお勧めです。(ただし、間違っても鉄道オタクやアニメオタクで写真を撮っているなんて伝えないようにしましょう。)

初デートでどこに行きたいか?

婚活のプロフィールによくある項目が「デートで行きたい場所」。
デートで行きたい場所次第で、その人の性格や趣向が見えてきます。

例えば、初デートでいきなり海やプールなどと書いてあると、ちょっと引いてしまう女性も多いです。
いきなり体を露出した場所に行きたくないという心理がありますからね。

それ以外ではライブ鑑賞もNG。
共通の好きなアーティストなどがいれば別ですが、それ以外だと相手の熱に付いていけないと女性は解釈します。

初デートは互いにとって当たり障りない場所、落ち着く場所を意識するのがお勧めです。
お薦めは下記の場所。

  • 水族館
  • 動物園
  • ショッピングモール

特に水族館は薄暗くて、緊張せずに済む空間です。
初デートにはぴったりです。
ほとんどが屋内ですから、天候に左右されないのも良いですね。

もし晴れると分かっていれば、動物園も良いでしょう。
単純にその場を楽しむことができるので、変に身構える必要がなく、リラックスできます。

そしてデートではショッピングモールもおすすめ!
やはり買い物好きな女性も多いですから、色々な店舗が立ち並ぶショッピングモールなら楽しい時間を過ごすことができます。

ただ、初デートの場合、ショッピングモールだけだとちょっと味気ないので、その後レストランに行く予定なども立てておいた方が良いでしょう。

自分の性格は面白く!

婚活でのプロフィールに、自分の性格を記載する欄があります。
自己申告をする場所ですが、あまりにもネガティブなものはできるだけ控えたいです。

  • 人見知りな性格
  • 口数が少ない
  • 真面目
  • 自分の意思を曲げない性格

こういった表現はネガティブに捉えられがちです。
真面目というのは世間的には良いイメージですが、婚活の場では「ちょっとつまらない人」という印象が強くなってしまいます。

お勧めは下記のような伝え方です。

  • 優しい性格
  • 優しすぎる性格
  • 嘘をつけない性格
  • おっとりした性格
  • 嬉しいことがあると悲しいことをすぐに忘れる性格
  • 満腹になると嫌なことを忘れる性格

無難な性格を記載しても良いですし、ちょっとコミカルな記載をしても面白いでしょう。
ちょっと愛嬌のある書き込みをして、ここでとっつきやすい人物とイメージさせることも大切です。

イラスト力

イラスト力

意外と重要なのがイラスト力です。
プロフィールは普通に皆さん埋めるものですが、文字だけだとどうしても伝わりにくい部分があります。
しかし、かわいらしいイラストや繊細なタッチの絵を添えるだけで、その人の性格やスキルが伝わってきます。

面白い発想のイラストがあれば、「なんだか楽しそうな人」と受け取ってくれますからね。
絵が下手でも事前に趣味の欄や行きたいデートの場所の欄で描きたい絵を練習しておけば、良い仕上がりになるはずです。

必須条件というわけではないのですが、他人との差をつけるにはこういったひと工夫も必要になってきます。

初デートが重要

初デートが重要

初デートでの振る舞い

アラサー男性が婚活で尽力したいことが「初デートの振る舞い」です。
婚活では、初デートによって今後連絡先交換して会うかを決めるケースもあります。
紙面上には分からない、その人の本質が見えますからね。

一番重要なのは、「他人への気遣いを感じさせるかどうか」です。
例えば、下記のような振る舞いが挙げられます。

  • 相手の歩くスピードに合わせる
  • 荷物を持ってあげる
  • 一緒にランチをとるときに相手の分まで持ってきてあげる
  • もし相手より先にご飯が来てしまったら、食べるのを待ってあげる
  • 支払いは基本的に全て払ってあげる
  • 帰りの時間を気にしてあげる
  • 相手以外に他のお客さんへの気遣いも意識する

例えば、何かご飯を頼んで先に自分の分が来てしまったとしましょう。
相手を待たずにそれを食べだしたら、「この人ってデリカシーがないな」、「全然配慮がないな」と思われてしまいます。

常に相手の立場に立ってどう思うか、という意識を持てるかどうかが大切です。

トーク力

初デートで下記のように相手に思ってもらえたら、次につながります。

「この人と一緒にいると楽しい」
「もっと一緒に時間を共有したい」
「一緒にいるだけで時間があっという間に過ぎる」

このように思ってもらうには、トーク力が必要。
特に話す話題が思いつかず間が開いてしまえばしまうほど、気まずい空気になってしまいます。

緊張してデートが終わると、また会いたいという気持ちが湧いてきません。
相手をリラックスさせるトーク力が必要です。
ただ、トーク力と言っても性格云々もあるでしょう。
そこでおすすめなのは、事前に話す話題を用意しておくこと。

ただ単に自分が話したい事ではなく、相手もしゃべれるような話題を用意することです。
例えば初デートだったらまだお互いのことがよくわかりません。
そこで過去の話で盛り上がってみてはいかがでしょう。

「どんな学生時代だったのか」
「どんなことをして遊んだのか」
「どんなことに夢中だったのか」
「地元のこと」
「友達とのエピソード」
「子供の頃なりたかった仕事」

いろいろと昔を振り返るような質問があるはずです。
こういった話は誰でも話せることなので、会話のキャッチボールが進みます。

緊張すると、思いつきではなかなか質問が浮かんでこないことがあります。
そういった場合に備えて紙に書いておいても良いでしょう。
トイレ休憩などでチラッと覗いて、改めて話すことを頭に入れておいても良いですね。

まとめ

まとめ

以上、アラサー独身男性が考えるべき婚活に向けた戦略を紹介しました。
学生時代のように、その人の人柄に好かれて、という状況が生まれにくいのが大人の恋愛です。

紙面上から気になる相手を見つけて、そこから人柄を確認するという流れになりますから、まずはプロフィール上で魅力的な人間になる必要があります。
そして、自分は魅力的な人間だとアピールできるようになったら、下記のようなところで婚活するのもおすすめ!

写真審査制・エリート対象の婚活&結婚相手紹介サービス | プレミアムメンバーズ

こちらはマッチングサービスでは珍しい写真審査があるサイトです。
極端な話、かわいい人ばかり登録しています。

紙面上は良くても「実際に女性と会ったらタイプじゃなかった」ということはいくらでもあります。
そうならないために、ある程度容姿端麗な女性ばかりが登録しているサービスを利用してみてはいかがでしょうか。