結婚できない経営者の特徴と原因!結婚するための解決方法

結婚できない経営者の特徴と原因!結婚するための解決方法

ここでは結婚できない経営者の特徴、および原因について細かく分析していきます。

経営者は、世間的にはやはり「女性からモテる」というイメージがあります。
実際、経済的に豊かな男性は女性にとって魅力的に映りますから、モテる要素の一つになります。

しかし、それでも「実際に結婚できていないから悩んでいるんだ!」という経営者の方もいるでしょう。
具体的にどんな部分が結婚への解決策となるのか探ってみました。

経営者が結婚できないメンタル的な要素

経営者が結婚できないメンタル的な要素

寛容さが足りない

成功している経営者ほど、「自分の考えはいつだって正しいものだ!」と思っているのではないでしょうか。

しかし、それが時として自意識過剰になり、相手を困らせていることがあります。
例えば、どこか旅行に行くときも泊まるホテルや旅行先など、すべて自分で決めてしまっていたとしましょう。

女性が「少しは相談して決めたい」と言うと、「私の言うことに従っていれば絶対に満足いく旅行になるから」などと相手の言動を受け入れないこともあるのではないでしょうか。

「自分の考えこそ正しいもの」という気持ちが強すぎると寛容さがなくなり、心が狭くなります。

会社の運営面ではそういった気持ちがあっても良いですが、恋愛はまた別問題。
相手の心を理解する気持ちが薄れていると、なかなか恋愛を成就させることはできません。

相手の意見や要望を素直に聞く努力をしましょう。

妥協できない

経営者の方はこれまで、「数多くの事をやり遂げてきた」という自負があるのではないでしょうか。

それゆえ妥協することに対する嫌悪感があります。

「このぐらいで、まあいいか」
「適当にやっておいても問題ないだろう」

こういった考えを嫌いますので、何もかもパーフェクトに済ませたいと考えがちです。
恋愛でも同じような考えになっていませんか?

例えば、彼女が料理を作ったとしましょう。

味が薄かった場合に普通なら、「もうちょっと濃くても大丈夫かな」とか、「次回はちょっと塩・胡椒を足してみてくれる?」などと、さらっと伝えるのがスマートです。

しかし、

「どのタイミングで味付けをした?」
「どれぐらい調味料を入れた?」
「今俺が実践してあげるから、ちょっと見てて!」

などと伝えると、女性にとってはかなり「ウザイ」と感じます。
正しいことを伝えた方が良いという考えがあまりにも強すぎて、相手を困らせてしまうことがあります。
次第に女性は嫌悪感を持ったり、疲労感を感じます。

ちょっと手を抜いたり、妥協するという気持ちを持つだけでも恋愛にゆとりができます。

価値観が違いすぎる

経営者になって順調に物事が進んでいると、一般女性とは価値観が異なってくることもあります。
例えば、日常生活の考え方。

「そんなものは自分で行わず、購入するのが当たり前」
「自分でわざわざやる必要はない」

などと知らずのうちに「お金で解決してしまおう」という考えが出てきます。

例えば、洋服の洗濯。
経営者の方でひとり暮らしの場合、「1人で家で洗濯するのではなく、業者に1週間に1回お願いする」などと対応している人もいるかもしれません。

「他にも料理を一切作らず全て外食のみで済ませる」という方もいるでしょう。

しかし、女性目線から考えると、

「何もかも人任せ」
「お金で解決」
「もっと日常的な暮らしを一緒に共有したい」

という気持ちを持つ人もいます。
もちろん経済的に恵まれているのであれば、お手伝いさんなど雇って他人に依頼するのも悪い事ではありません。

しかしあまりにも人頼りになると、女性が家事をする場面がなくなります。
そうなると女性は、「私の存在意義は何なのか?」などと自己嫌悪に陥るケースもあります。

価値感の違いは恋愛や結婚に発展しにくいので、経営者はなかなか一般の方と合わせにくい考え方を持ち合わせているとも言えます。

相手に求める条件が高い

「自分はある程度成功を収めた」という自負があるので、それに見合うだけの相手を選びたいという気持ちもあるはずです。

ちなみにこれは人間の心理的な部分を考慮すると、実は真っ当なこと、といえるようです。

例えば芸能人でも女性タレントが経営者と結婚したり、社長と結婚するというケースがよくありますよね。

その理由は単純に「お金持ちと結婚したい」という考えもあるのですが、「自分のポテンシャルを高めたい」、「力を誇示したい」という本能が働くためだそうです。

逆に男性からすると、自分がある程度の地位を築いたら、「可愛い女性と付き合いたい」、「世間から羨ましがられる女性と結婚したい」という本能が働きます。

しかし、とびっきりの美人やとびぬけた存在の女性が、世の中にそんなに多い割合でいるわけではありません。
その結果、出会いの確率も下がり、結婚できない状態が続くと考えられます。

経営者が結婚できない物理的な要素

経営者が結婚できない物理的な要素

時間がない

結婚できない、そもそもの理由が「仕事に追われて時間がない」という経営者も多いです。

一般のサラリーマンのように朝8時から夕方5時まで、などと決まっている会社経営者も少ないでしょうから、なかなか時間が取れないのも実情です。

急な出張やミーティングなんて日常茶飯事ですからね。
また、経営者同士の付き合いなどもあり、土日でも必ず誰かと会っているというケースも多いはずです。

そうなると、365日の中で丸々1日休みということはほとんどないのでは。
その結果、恋愛もなかなかうまくいかないというケースも出てきます。

完全に仕事モードになってしまうと、いくら仕事上で異性との付き合いがあっても、恋愛にまで発展しない状態になってしまいます。

こういった状況になると、かなり危険信号。
今後も状況が変化しない限り、結婚できる可能性は低いです。

まずは仕事への取り組み方や考え方を改め、時間を作るところから始めましょう。
自分以外でも対応できる業務もあるはずですから、頑張りすぎずに業務の明瞭化に努めましょう。

業績が安定しない

物理的な要素として、「業績が安定しない」こともひとつの理由として挙げられるのではないでしょうか。
業績が上げられない状況になれば、それだけ仕事への比重が大きくなります。
プライベートな時間はどうしても二の次になってしまいますね。

また、もしプライベートな時間があってもなかなか落ち着いた気持ちになれません。

さらには、相手女性も「不安定な会社の経営者」という見方をしてしまうこともあるため、仕事も恋愛も両方うまくいかない可能性が出てきます。

業績を安定させることをまず第一に考え、恋愛はしばらくお休みと考えるしかありません。

近年は女性の結婚相手の条件として、「安定」を求める傾向が強くなっています。
それゆえ、いくら経営者だからといって必ず人気があるとは限りません。

安定した実績、安定した会社なのかということも女性は気にしているはずです。

プライベートとの差別化ができていない

経営者の中にはデート中でもお構いなく、仕事の電話がきたら出てしまう人がいます。
もちろんそういったことを受け入れてくれる女性なら良いのですが、そういった女性ばかりとは限りません。

一般のサラリーマンとは違い、四六時中、経営者と連絡を取りたいと思っている方が多いです。
それゆえデート中でも頻繁に携帯が鳴ったり、メールが届いたりします。

完全に連絡を絶てば良いのですが、そういった気持ちもなく、仕事とプライベートがごっちゃになっている人もいます。

女性の中には、

「仕事の方が大事なんだ」
「私とのデートが楽しくなさそう」

と伝えてくる女性もいるはずです。
「私とデートしている時は仕事の返信をするのをやめて」、「デートを中断してまでやることなの?」などと怒ってしまう女性もいるので、仕事とプライベートの棲み分けはとても大切です。

結婚するためにどんな解決方法があるのか?

結婚するためにどんな解決方法があるのか?

結婚できない要因を洗い出す

まずは上記紹介したようなことを改めて振り返り、自分に該当するものがいくつあるのか検討してみましょう。

  • デート中でも仕事のことを優先してしまっていた
  • 自分の考えを相手女性に押し通しすぎてしまっていた
  • 相手の事を考える気持ちの余裕がなかった

こういった反省の気持ちを持つ経営者の方もいるはずです。
まずはこういったメンタル的な改善が進めば、大きく状況も変わっていくはずです。

もし出会いがあるのであれば、異性に対しての接し方を変えれば恋愛に発展する可能性も出てくるでしょう。

出会いの場を増やす

もし、考え方を変えてもなかなか相手が見つからないということであれば、自ら恋愛の場に足を運ぶしかありません。

ただ、経営者という強みを生かすなら適当な婚活パーティーや出会い系サイトなどを使うのは得策ではありません。

どうせなら経営者だからこそ利用できる婚活サービスを検討してみてはいかがでしょうか。

例えば下記のようなサイト

写真審査制・エリート対象の婚活&結婚相手紹介サービス | プレミアムメンバーズ

こちらは誰でも登録できる婚活サービスではありません。
女性は写真審査を通過した人のみ。
男性は写真審査に加えて年収700万円以上に該当する方のみが登録可能です。

そういった状況ならライバルは少ないですし、また相手女性も写真審査通過者のみなので、容姿的に優れた方が多いです。
非常に魅力的なサービスとなっていますので、覗いてみてはいかがでしょうか。

まとめ

以上、結婚できない経営者の特徴と原因、そして結婚するための解決方法を紹介しました。

メンタル的な部分と物理的な部分の両面が改善できれば、結婚できるチャンスは十分あります。
そもそも経営者は、他の人にはなかなかなれない立場にいるわけですから、ポテンシャルや魅力は十分にあるわけです。

あとはその魅力を女性に分かってもらえる環境に身を投じること。
やはり女性の数が少ないと、それだけ相性などもあり、理想的な人が見つかりません。

できるだけたくさんの女性と会う意識を持って日々過ごしてみましょう。