結婚できない歯科医師の特徴と原因!結婚するための解決方法

結婚できない歯科医師の特徴と原因!結婚するための解決方法

世の中には結婚願望はあるにも関わらず、なかなか結婚できない歯科医師(歯医者さん)も多く存在します。
理由は様々ですが、一般の会社員よりも出会いが少なく、結婚に結びつきにくいのが現状です。
ここでは、歯科医師がなかなか結婚できない原因、そして今後結婚するためにどんな対策が必要なのか紹介していきます!

歯科医師は職場結婚が難しい?

歯科医師は職場結婚が難しい?

女性が多い職場ではあるけれど・・・

世の中には、職場結婚の人が3割から4割程度いるといわれています。
歯科医師で考えた場合、歯科衛生士や受付の方が女性というケースが多いでしょう。

他の職業に比べて、職場の男女比割合で言うと女性のほうが多いぐらいです。
それなら出会いにつながるだろうと思われがちですが、実際の業務内容から考えると、なかなか恋愛関係に発展するのが難しいのが現状です。

具体的には、下記のような要因が考えられます。

  • 仕事柄、2人きりになるのが難しい
  • 封鎖的な環境のため噂が広がりやすい
  • 外出する業務ではないため誘いにくい
  • 外部(他の歯医者や会社)との提携がない

こういった状況が多く、なかなか職場結婚するには難しい環境が揃っています。

それなら、患者との接点があるのでは、と思う方もいるかもしれません。
しかし患者ともその場のみの会話になり、個人的な話をする時間はないでしょう。
人の目が常にある環境で仕事するケースが多いので、恋愛に発展する空間が生まれにくいといえます。
これが職場結婚の少なさに関係しているのでしょう。

20代は特に勉強時間に

歯科医になって数年間は勤務医として、多くのことを学ばなければいけません。
日々最新治療が登場していますから、一つ技術を習得したからOKというものではありません。
毎週のようにインプラント治療について、歯周病ケアについて、難しい症例の治療方法について、など勉強する機会がとにかく多いです。

歯医者の休診日でも勉強会や症例検討会、講演会の受講など、さまざまなスケジュールが埋まっている人が多いです。
それゆえ、なかなか休みも少なく、プライベートな時間が作れないのも現状です。

昨今、30歳を過ぎても独身の男性が増えていますが、それは歯科医にも同様のことが言えます。
将来開業医を目指す方は特に豊富な知識が必要となりますので、そこで業務をおろそかにしてしまうと将来を左右しかねません。
そういった現状もあり、なかなかプライベートまで時間が回らないという人も多いです。

イメージとのギャップ

おそらく歯科医についてあまり詳しくない女性にイメージを聞くと、かなりポジティブなものが多くなるはずです。

  • お金持ちそう
  • 実家が裕福そう
  • 育ちが良さそう
  • 将来安泰と言えそう
  • 素晴らしい学歴や経歴を持っていそう

こういった印象が強いかと思います。
もちろん間違っていない部分もあるかと思いますが、特に「お金持ちそう」というところはギャップが生まれてしまう歯科医も多いかもしれません。

現実的な状況として、歯科医師は年々増えています。

平成26年の調査では、10万3,972人。
90年代に比べて約2万人増えています。

その結果、人口10万人あたりの歯科医師の数は81.8人に。
90年代は同様の調査で64.8人です。(平成6年の調査)

(参考: 厚生労働省政策統括官付保健統計室「医師・歯科医師・薬剤師調査」より)

つまり、人口あたりに対して歯科医の数が年々増えていますから、それだけライバルが増えている状況です。
人口は減りつつあるのに、歯科医の数だけ増えています。
そうなると、歯医者さんの数が増えれば当然患者も分散されます。

その結果、そこまで高収入ではない歯科医もいるのが現状です。
歯科医の中には女性側が求める年収を満たしていないということが引け目となり、なかなか婚活に積極的になれない人もいます。

性格的な要素が影響していることも

歯科医は学生時代から常に勉学に励み、それ以外のことをややおろそかにしてきたという人も少なくありません。
それゆえ異性交際が苦手という人もいます。

そういった気真面目な性格が災いして、職場でも女性従業員となかなかプライベートなことまで話すことができないという人も多いでしょう。
そういった振る舞いをしていると、「○○さんはとっても真面目で仕事熱心ですね」などと言われてしまいます。

こうなると、余計にプライベートな話(彼氏がいるのかどうか等)がしにくくなります。
その結果、職場でのイメージを守るため、職場恋愛が難しくなる人も少なくありません。

勤務医として勤め始めた当初から、女性ともフランクに話せるようなタイプなら良いのですが、そうではない人はなかなか状況打破できず恋愛に苦労する人が多いのも現状です。

結婚するために何を解決すればよい?

結婚するために何を解決すればよい?

理想的な歯科医のスペックに近づく

歯科医として働いているなら、やはり女性側から見てもその職業に相応するスペックを兼ね備えている必要があります。
20代後半ぐらいは400万円台の歯科医もいますが、30代になってくると600万円、700万円、さらにはもっと高い年収を得ている方もいます。

ただ、これは働いている地域にもよりますので、あくまで参考程度にとどめておくのが良いでしょう。
もし都市部で歯科医として働いている30代半ばの方でしたら、年収800万以上は得ていたいところですね。

そして20代は勤務医として働き、30代には開業医として働いているのが望ましいです。
もし自分がこの平均値より下回っているなら、転院などを考え、年収アップに努めましょう。

開業直後は婚活にそぐわない

もし開業を考えている場合は、そのタイミングでの婚活はちょっと見送った方が良いかもしれません。
開業に伴い、設備投資や人件費など様々な初期費用がかかります。

それこそ数百万、数千万単位でかかるケースもありますので、このタイミングでは貯金が少なくなる歯科医が多いと言われています。

「今度、歯医者を開業するんだ!」などと言えばイメージは良いかもしれませんが、実際はそのやりくりを見てびっくりしてしまう女性もいるかもしれません。
まずは安定した経営ができるようになってから婚活を考えた方が良いでしょう。

土日休みがないことを理解してもらう

勤務医、開業医ともに歯科医は土日丸々休みという人は少ないです。
せいぜい土曜日午後から休みで、日曜休みというケースがあるぐらいでしょう。

カレンダー通りになかなか休みを取れるわけではないので、そういった勤務スケジュールに理解のある女性と出会うことが望ましいです。

特に近年は歯医者の数が増えて、経営が苦しいところも多いです。
そのため、土日も勤務という人も少なくありません。

対象は一般の方ですから、どうしても土日のほうが、集客効果があります。
相手の女性を探すときはサービス業の方が良いかもしれませんね。
平日休みが多く、休みのタイミングを合わせられる可能性があります。

幅広い技術を習得しているとアピール!

「歯科医=お金持ちだから安泰」などと安易に考える女性はかなり少ないです。
歯科医の現状や将来性はどうなのか、といったことを調べる可能性があります。

そこであなたのスキルが低いと判断されてしまうと、「この人とお付き合いしても将来苦しいかも・・・」などと思われてしまいます。

そこでアピールとなるのが、幅広い分野の技術。
通常の虫歯治療に加えて、下記のような技術を習得している歯科医が重宝されます。

  • 矯正治療
  • インプラント治療
  • 審美治療
  • 口腔外科での治療経験

現在はただ単に虫歯治療をしているだけでは経営が成り立たないところが増えています。
歯のメンテナンスや歯列矯正の需要が増えていますから、それに対応する技術を習得しているかどうかも、実は婚活に関係してくるものです。

「この人なら将来的にも需要のある技術を習得しているから大丈夫だろう」などと判断してくれます。

相手のスペックも重要

歯科医が婚活を成功させるには相手のスペックも重要です。
女性の中には「歯科医はちょっと自分とは釣り合わない存在」と考えている人も少なくありません。

「おそらく家柄が違うだろう」
「育ちが違うから自分とは厳しいかも・・・」

などと思って積極的に付き合おうとしない女性もいます。
そしてあなた自身もどんな女性かよく分からない方と付き合うのは、抵抗があるかもしれません。

そんな時は相手のスペックを判断できる婚活の仕方がお勧めです。
例えば下記のようなサイト。

写真審査制・エリート対象の婚活&結婚相手紹介サービス | プレミアムメンバーズ

このサイトは会員審査が厳しいマッチングサイトです。
世の中にある出会いアプリや合コンなどと違って、スペックが保証された女性のみ登録しています。

その審査基準には容姿も入っています。
「どうせなら美人の女性と付き合いたい」という歯科医の方も多いのでは。

せっかく社会的に評価の高い職業に就いているなら、それ相応の女性を見つけたいですね。
巷の合コンなどに参加して女性を見つけるより、よっぽど質の高い女性に出会える可能性があります。

また、こういった婚活方法なら、身近な人や同僚にバレずに婚活できるでしょう。
合コンや婚活パーティーに参加すると、どうしてもいろいろな人の目に触れる可能性がありますからね。
同僚に「○○さんが合コンしてた」なんて噂が広がると、ちょっと仕事がしにくくなってしまいます。
周りの視線を気にせず、心置きなく婚活できる方法を選びましょう。

まとめ

まとめ

以上、結婚できない歯科医の特徴や原因、そして今後結婚するために必要な解決策を紹介しました。
まずは自分自身のスペックが歯科医として十分なものなのか、そして解決するためにどんな婚活を選ぶのか、というところを意識してみましょう。

容姿端麗な女性が男性を見極める際、職業や年収というのも少なからずあります。
そういった部分において歯科医はアドバンテージがあるわけですから、それを生かさない手はありません。

婚活を積極的に行えば、一般男性より早く良縁に恵まれる可能性があります。