「まだ30代」は危険!結婚につながる女性との付き合い方

「まだ30代」は危険!結婚につながる女性との付き合い方

結婚願望はあるものの、気づけば30代も半ばを過ぎて……と我に返ることはありませんか?果たして「まだ30代」なのか「もう30代」なのか。

結婚を考えているけれど女性との付き合い方に違和感を感じることは多かれ少なかれあるはずです。

結婚を視野に入れた女性とのお付き合いについて、今一度考えてみませんか。

40を過ぎたら結婚できない?

40を過ぎたら結婚できない?

20~40代を中心に結婚についてリサーチを行う会社は多く存在します。ネット上でそういった情報を目にする機会もあるでしょう。

それらの統計によると、35歳まで独身であった男性がその後も独身でい続ける確率は極めて高いとされています。

もちろんリサーチ会社によって数値は異なりますし、それらの情報だけが絶対と言えるものではありませんが、どこの統計を見ても40歳前後――俗に言うアラフォー男性の結婚は難しく、40歳を超えると結婚に繋がる確率はごく僅かという結果が出されています。

そういった結果だけに囚われてはいけませんが、まだ独身で本当に結婚を考えているのであれば、まったく無視することもできない事実です。

年齢差について男女の価値観

結婚願望のある男女において、男性が年下の女性を希望する傾向であるのに対し、女性は年上の男性を希望する傾向にあります。ここは双方の求めているものが合致しているように見えるのですが、年齢差について男女の価値観には大きな差があります。

男性は女性が自分よりかなり年下であっても、結婚相手として受け入れやすいものです。しかし女性は年上の男性を希望する傾向にありながら、年齢差の開きがありすぎることは好まないものなのです。

20代半ばの女性が結婚相手として望むのは30歳手前、20代後半の女性は30代前半の男性を望むといったように、「3~5歳年上」を理想とする女性が多いのが事実です。20代半ばの女性が40代の男性との結婚を希望するという例は、エリートなどの場合を除き、ごく稀なケースと言えるでしょう。
そしてそういった場合の多くは、女性側も男性側に対して収入面など、年齢とは別の部分に理想を求めていることが殆どです。

結婚はもちろん年齢云々が絶対ではありませんし、最終的には互いのフィーリングが合うことが最も重要になってきます。ですが、女性が30歳という年齢をひとつの壁と考えるように、男性も40歳という年齢はひとつのラインだと思っておきましょう。

「婚活」=女性だけがするものではない

「婚活」=女性だけがするものではない

30代半ばになり、結婚したいけれど出会いがない……という状況になると、どうしても「婚活」という言葉に直面すると思います。女性の場合はもう少し早い年齢から意識される方も多いです。

少し前までなら、婚活といえば女性がするものといったイメージが定着していたものです。しかし今は男女両者が積極的に行う傾向にあり、けして男性の婚活が特異なものだという風潮ではありません。

もし「結婚を考えているけれど女性との出会いがない、婚活という場に出向くのはちょっと気が引ける……」と考えているのであれば、心配する必要はまったくありません。

婚活サイト、婚活パーティーへの参加はもちろん出会いのための手段のひとつですし、ここで気の合う女性との出会いも多くあるでしょう。出会い方よりも、その後の付き合い方が結婚に繋がっていくかを左右するものなのです。

交際の先を意識したお付き合い

30代、とくに30代半ばの男性ともなると、ずっと勤めてきたのなら仕事にも生活にもある程度の自信があるもの。しかし、そこでかえって男性は結婚を焦らない人が多いのも事実です。
女性はアラサーの時期から結婚を強く意識しますし、子どもが産みたいと思うなら、出産に適した年齢を無視することもできません。

「いつか結婚したい」という悠長な構え方でいると、かえって女性は付き合うことをためらってしまうものです。

「いつかは」ではなく「素敵な女性と巡り会ったらすぐにでも」と結婚を考えていることを明示すると、女性は「この人は結婚を現実的に考えている」と思って、信頼を寄せるようになります。

婚活は結婚を真剣に考えている男女が出会うための場です。結婚を見据えていることを互い明確にして、交際の先を意識したお付き合いをしましょう。

結婚は本当に恋愛の延長なのか

結婚は本当に恋愛の延長なのか

素敵な人と運命的な出会いをし、恋に落ちて付き合い始め、結婚して一緒になる。特に10代や20代の初めなど学生のうちは、まさに小説や映画のような恋愛そのものに憧れることも多々あるでしょう。
しかし40代が見え始めると、恋愛ではなく結婚を強く意識されるという方は非常に多いのではないでしょうか。

結婚は恋愛ありきなのかと突き詰めて考えた場合、答えは必ずしもそうでなくてもよいものと捉えましょう。もちろん互いのことをよく知り、長い交際を経て結婚となるのは素晴らしいことです。
ですが、そうでない場合が結婚には相応しくないのだと考えてしまうのは、少々勿体無いです。

実は結婚願望はあるのに結婚に繋がらない場合の多くは、「先に恋愛しなければいけない」という先入観がハードルになってしまっているのです。

結婚を前提にお付き合い

その昔、お見合いをして結婚という流れが多かったのはご存じの方も多いでしょう。恋愛よりもセッティングされた出会いが先であり、結婚を前提として恋愛関係は後からついてくるものでも不思議ではありませんでした。

お見合いが古いと考える方もいるかもしれませんが、現在でもマッチングサイトや結婚相談所など「出会い」のセッティングを利用して結婚相手を探す人もけして少なくはありませんよね。

結婚というゴールに向かうスタートが恋愛ではなかったとしても、それを負い目と感じる必要はありません。出会いの場が先でも間違いではありませんし、恥じるものでもないのです。

本当に結婚を視野に入れて女性との交際を望むなら、出会い方、付き合い方の思い込みを捨てることでハードルは下げられます。結婚を前提に付き合いをスタートさせるなら、「この人と出会ってよかった」と思える恋愛関係をそこから築いていきましょう。

二人で乗り越えていけるかを考える

二人で乗り越えていけるかを考える

きっかけが恋愛でも、出会いの場でも構いません。結婚を意識して女性と交際をするなら、その先何十年と一緒にいる自分たちを想像してみましょう。相手の容姿に惹かれるというのは出会いのきっかけのひとつですし、それは少なからず女性側にも同じことが言えます。しかし重要なのは容姿ではなく、相手と一緒にいて、心が安らげる自分が想像できるかどうかですよね。

結婚を考える誰もが「一緒にいて自分が緊張したり、疲れてしまう人とは結婚できない」という見解を示します。結婚となればデートのその日だけでなく、毎日、何十年も連れ添って過ごすということですよね。

ここで気をつけたいのは、ちょっと相手と合わないからといって諦めてしまうのではなく、相手と一緒にそれを乗り越えていくことを考えられるかです。

価値観のズレや意見の衝突があるのは当然

確実に言えるのは、結婚してから生涯ずっと円満な夫婦生活はないということです。どこの家庭にも事情があるものですが、何かしらの衝突や対立は絶対にあると思ったほうがいいでしょう。夫婦喧嘩を一度もしたことがないという夫婦は、極めて珍しいものではないでしょうか。

価値観のズレ、意見の衝突はどんな女性と付き合ってもあり得ることです。あまり男性側が意固地になりすぎてしまうと、女性側も引くに引けなくなってしまうというのは陥りがちなパターン。少しだけ冷静に立ち戻り、一歩引いて譲歩しましょう。

ここで気をつけたいのは「我慢する」という受け取り方をしないようにするのが大切です。衝突する度に「この人とは結婚できない」と考えてしまうのは、せっかく結婚に繋がる可能性がある相手との関係を、自分から否定してしまうことになりますよ。

諦めてしまうのではなく、相手を受け入れて一緒に乗り越えていける寛容さがあれば、素晴らしい相手と巡り会えるはずです。

相手に求めることを自分も一緒にするという姿勢を見せる

相手に求めることを自分も一緒にするという姿勢を見せる

昔だったら、夫は外で仕事に励み、妻は専業主婦として家庭を守り、夫を立てるという考えが一般的であったかもしれません。しかし現代では女性も自らのキャリアを持ち、長く仕事に励んでいます。
中には企業に勤めるのではなく、個人事業として開業する女性もけして珍しくはありません。そうした女性こそ、結婚願望はあるものの、自身の仕事を続けたいと思い結婚に悩む方が多いというのが現代の傾向です。

結婚を意識して女性と付き合うのなら、まずは女性のキャリアを尊重しましょう。「○○の仕事をずっと続けてきたというのは本当にすごいね」「起業するのは本当に勇気がいることだよね」と認めることです。
長年働いている女性こそ、そういう男性側の仕事で努力していることを理解してくれるものですよ。

それを踏まえた上で、家事に関わることを自分も一緒にしたいという姿勢を見せると好印象です。「料理をもっと覚えたくて料理サイトをよく見ている」「今度一緒に料理をしたいね」といった話をしたり、「洗濯や掃除の時短テクを聞いて実践してるんだよ」という話をするだけでも、女性は感心するものです。

仕事を持っている女性に限らず、要は相手に求めることを自分も一緒にするという姿勢を見せることが大切です。

前向きな気持ちこそが、結婚へと繋がっていく

かつて女性に求められていた家庭的な部分を男性も一緒にやりたいという姿勢は、とても心強く安心できるものなのです。

大切なのは、「一緒にがんばってくれる人なんだ」と女性に思ってもらうことです。どちらか一方に負担が増える結婚生活しか思い描けないのは、男女両者にとって辛いものですよね。

「この人と一緒になれば、助け合って自分もがんばれそうだ」という前向きな気持ちこそが、結婚へと繋がっていくものではないでしょうか。

まとめ

30代ともなれば、20代の頃までのような出会いや付き合いとは違ってくるものです。結婚を意識して女性と付き合うなら、長く一緒にいたいと思える信頼関係をしっかり構築していくと良いですよ。

もし「結婚を考えているけど女性との出会いがない…」と考えているのであれば、写真審査を通過した男女限定で、男性は30代中心の婚活&結婚相手紹介サービス「PREMIUM MEMBERS(プレミアムメンバーズ)」を使ってみてはいかがでしょうか?

結婚につながる女性との付き合い方を知っているあなたにとって、素晴らしい出会いとなることでしょう。