【理想と現実】相手に妥協できないと恋愛はうまくいかないのか?

【理想と現実】相手に妥協できないと恋愛はうまくいかないのか?

社会人として、女性と交際するとなれば少なからずその先を見据えるものです。しかし相手との関係を壊すことを恐れ、恋愛においても妥協することが当たり前になっている……なんていうことはありませんか?

果たして女性との出会いには、そして女性との恋愛には妥協がつきものなのでしょうか。妥協とは自分を押し殺すことなのでしょうか?

妥協=「諦め」「我慢」と思わない

妥協=「諦め」「我慢」と思わない

妥協という言葉そのものが、恋愛においては特に悪いイメージに受け取られてしまいがちですね。あまり気乗りしない相手と付き合う、今付き合っている相手に不満があるけれど我慢する……というように、どこか自分が身を引いて諦めなくてはならないというニュアンスがあるからでしょうか。

そもそも妥協という言葉は、自分だけではなく相手の主張も聞き入れて、互いに譲歩し合うことを指します。男女が交際するのであれば、何かしら互いの主張があるはずですよね。それを一方的に自分だけが我慢するというのは、どうしても疲れてしまいますし、恋愛として長くは続かないものです。

相手の希望も聞き、双方が努力し合う姿勢

交際相手との関係を保つのに「僕はあなたにこうしてほしい」と伝えることはけして間違いではありません。その代わり、相手の希望も聞きましょう。気持ちよく付き合うためには双方が努力し合うという姿勢が不可欠です。

社会人であれば時間にも精神にも余裕がなくなることはつきものです。「忙しくてしばらく会えないけど、夜は電話をしてもいいかな。あなたの話も聞きたい」というように、妥協案を自分から出すのももちろんアリです。「会えない忙しさは理解する、でも少しくらい電話で話す時間はほしい」と女性側の希望と合致すれば、関係も良好でいられるはずです。

妥協するというのは諦めることではなく、広い視野で相手を見てみることだと捉えてみてはどうでしょうか。「この人とは付き合えない」と簡単に答えを出してしまうのではなく、妥協することで相手の良さを理解できたり、新たな一面を知る機会になるかもしれませんよ。

理想と幻想は異なるもの

理想と幻想は異なるもの

「好きな人のタイプは?」と聞かれたら、あなたはどのように答えますか?男女問わず、合コンや飲みの席などで少なからず話題に上ったこともあるのではないでしょうか。しかしこういったとき、理想ではなく幻想を語ってしまう人が時折見受けられてしまうのです。

好きな女性のタイプを思い浮かべて、「美人でスタイルのいい子がいい、料理上手で家庭的な子がいい、同じ趣味を持つ子がいい、ロングヘアーがいい、○歳以下がいい」などと、いつの間にか自分の好みを列挙してしまう……なんていうことはないでしょうか。

幻想の相手を作り出してしまっている

男女ともに言えることですが、自分の希望が100%叶う人はそうそう現れるものではありません。逆に女性が好きな男性のタイプを語ったとして、「イケメンで優しい人がいい、年収○○万円以上がいい、身長は○cm以上がいい、高学歴な人がいい、こんなお店に連れてってくれる人で……」と挙げ出したら、あまり気分が良いものではありませんよね。

これは理想の相手ではなくて、幻想の相手を作り出してしまっているようなものなのです。理想の異性像が、あなたの希望全てを叶える人と思うのは誤りです。また、理想を高くすればするほど、自分の恋愛のハードルを上げてしまうということでもあります。

安らぎの時間がほしい、楽しく過ごしたい、刺激を受けてさらに頑張りたい――恋愛をすることで「自分がどのように変わりたいのか」を突き詰めて考えれば、理想の女性像も見えてくるものではないでしょうか。

好みと条件も異なるもの

好みと条件も異なるもの

上述の話と続きますが、好きな女性のタイプを聞かれて「休みが不規則だけど理解してくれる子がいい」「煙草を吸わない子がいい」「ちょっとLINEを既読スルーしても怒らない子がいい」などという返答をする人がいます。

これは自分の理想――つまり好みではなく、恋人にしたい人の条件が先立ってしまっているのです。以前付き合っていた相手や自分の過去の出来事から、恋愛の失敗経験がある人に多い傾向です。

失敗を繰り返したくないと思い、ついつい教訓的に考えてしまうからかもしれませんね。自分にも当てはまってしまうかも……と思った方もいるでしょうか。

恋愛対象を限定してしまっているだけ

条件に当てはまる人が自分の理想と考えてしまうのは、ちょっと勿体無い気がします。トラブルや失敗の回避のため、慎重になりがちなのもわかります。ですがこうして条件を挙げてしまう場合も、かえって女性との出会いが難しくなってしまいます。

恋愛対象を限定していると受け取られてしまうので、近寄り難い印象を与えてしまうからです。「休みが不規則だとまったく会う時間もとれないのかな」「SNSが嫌いで、メッセージのやり取りも全然してくれないのかな」というように、相手に少し行き過ぎた解釈をされるケースが多いのです。

恋愛や出会いというのは、契約するものではありません。「これができなければダメ」と提示してしまうと、それに当てはまらない人とはうまくいかないものだと自分でも思い込んでしまうことになります。

何よりも、物事全てにおいて例外はあり得るものです。実際に付き合ってみることで懸念が晴れたり、思っていたよりもずっと心地良く付き合えると気づく場合ももちろんあるはずです。条件に合わない女性を遠ざけてしまうのではなく、まずは相手と接して親しくなってみましょう。

理想を現実にするために

理想を現実にするために

いくら待っていたところで自分の好み全てに当てはまる理想の人は現れません。自分から理想の人と出会うためのアクションを起こしましょう。気になる女性と出会ったとして、重要なのは「この人が理想の人か」ではなく、「理想の人になり得るか」ということです。

出会ってすぐのインスピレーションは大切ですが、大抵の場合は自分も相手もある程度の時間をかけなければ互いのことはわからないものです。相手のことを知るためにも、ゆっくり話したり、一緒に出かけたりして同じ時間を共有してみましょう。

その際に、相手の悪い部分にばかり目を向けるのではなく、良い部分をなるべく探してみることです。誰しも欠点や悪い癖はあるものですし、それは自分自身も同じはずですよね。粗探しをするよりも、素敵だなと感じるところに目を向けましょう。

相手の欠点も受け入れること

さりげない態度の中に「こうした気遣いをしてくれる人なんだな」「こんなふうにがんばっている人なんだな」と気づくことがあれば、そこから一緒にいる自分にどんな影響をもたらすのかを考えてみましょう。

「この人と一緒にいれば、気持ちが楽になりそうだな」「僕も気持ちが支えられるし、相手を支えたいな」と思える人であれば、その人は充分あなたの理想になり得る人です。

欠点が見つかったとしても、良い面にも目を向けられれば「こういうところは直してほしいけど、こんな素敵な一面もある人なんだから」と思って受け入れられるようになります。

自分の欠点も受け入れてもらい、相手の欠点も受け入れること。恋愛での妥協の本質はここにあるものです。妥協することで理想を現実に近づけていくと考えてみてはどうでしょうか。

完成された理想の人はいません。互いに少しずつ理想の姿に近づいていける女性が、あなたにとって最適なパートナーと言えるものですよ。

人と人が付き合う上での適切な策

人と人が付き合う上での適切な策

恋愛をする、好きな人と恋人同士になって付き合うということは、「他人と共通の時間を持つ」ということになります。仕事でも職場の人や取引先の人などと付き合う機会は多々ありますが、恋愛の相手というのはプライベートな時間を共有するということになりますので、仕事とは対極にあります。

仕事でも恋愛でも、理不尽さを感じたり相手と対立したりすることは少なからずあります。人と人が付き合う上で、それはどうしても避けて通れないものでしょう。妥協とはそういったことに対応できる適切な策とも言えるものです。

自分の考えを提案するというスタンス

付き合う女性と何かしらのことで意見の対立や、衝突してしまう機会があったとします。ここですぐにカッとなってしまう男性は大抵、恋愛がうまくはいかないものです。まずは冷静に相手の言い分を聞きましょう。

よく相手の話を聞くことは自分が折れることだと思い込んでしまう人がいますが、そうではありません。相手がなぜそれを主張するのかをきちんと踏まえた上で、自分の主張を説明する方が相手にも伝わりやすいです。

ここで気をつけたいのは、自分の主張をけして一般論で語らないことです。「普通はこうするものだ」「これが当たり前だ」「これぐらいはわからないとおかしいよ」という言い方をしてしまうと、信頼関係の破綻に繋がりかねません。

相手の意見に、「こういう選択肢もあるよ」というように、自分の考えを提案するというスタンスで話をしてみるのがお勧めです。相手を立てる姿勢を見せると、女性も穏やかに折り合いが付けられる場合が多いものです。

双方にとって必ずしも満足の得られる妥協ができない場合は、今すぐに結論を出さずにおくことも妥協案のひとつ。時間や距離を置いてからもう一度話し合うことで、こちらの提案にも納得してもらえたり、互いに譲歩し合えるようになりますよ。

まとめ

妥協とはけしてマイナスイメージの言葉ではありません。どちらかが一方的に耐えたり我慢することではなく、お互いに譲歩し合うことで活路を見い出す、人間関係の潤滑油と言えます。

譲る、提案するというふうに上手く妥協を繰り返すことが、相手との関係を良好に保ち長く交際を続ける秘訣です。

そうすることで理想を現実に変えていける、そんなパートナーとの出会いを探しているなら写真審査を通過した男女限定で、男性は30代中心の婚活&結婚相手紹介サービス「PREMIUM MEMBERS(プレミアムメンバーズ)」を使ってみてはいかがでしょうか?

交際するその先を見据えている方の理想を現実にするために、素敵な女性との出会いを応援しています!