合コンが苦手な理由と成功させる5つのポイント

あなたはお酒が好きですか?

仲のいい同僚や友達とする飲み会はよくても、初対面の相手といきなり飲み会をするとなると、ちょっと緊張してしまいますね。

もともとお酒の席が苦手、大勢と飲むのが苦手…そんな方にとって、飲み会の目的が「合コン」ともなれば、さらにハードルが上がってしまうようです。

「合コン」とレッテルを張るとどうしても苦手意識を持つ方が多いようですが、本当は異業種の人と情報交換したり、楽しく人脈を広げられるチャンス。

異性との出会いの場として最もポピュラーな合コン。長く一緒に過ごせるパートナーを見つけるチャンスを逃すのはもったいないことです。

なぜ合コンが苦手なのか、その理由を改めて考えて、どうせなら楽しく参加できるように意識を変えていきましょう。

だから苦手!合コンが嫌いな理由で多いこと

理由が分からなければ苦手克服もできませんから、まずは客観的になぜ合コンが嫌いなのかを考えてみましょう。

合コンが苦手だと思う人はかなり多く、その理由も同じような悩みのようです。

初対面での交流がつらい

仕事であれば初対面の人とも当たり障りなく話せるし、事務的に話を進められることが多いと思います。

しかし、合コンは決められた短時間で場を盛り上げなければなりません。

本当は盛り上がらなくてもいいですし、誰とも連絡先を交換する必要はないのです。

ところが「合コン」としてセッティングされ、男女同数ずつ揃って交流するとなると、どうしても場を盛り上げたり連絡先を交換しようという雰囲気になります。

初対面同士、本来なら少し時間をかけてゆっくり打ち解けたいものですが、いきなり交流しなければなりません。

ちょっと人見知りの人にはつらい状況です。

さらに、人数が多く席替えが必要な場合、もういちどお互いの自己紹介が必要です。

初めての相手に自分を紹介するだけでも大変なのに、相手の情報もたくさん入ってきます。この慌ただしい交流がどうしても苦手だという方は多いのではないでしょうか。

合コン=遊び目的だと思っている

大規模な合コンや公的な母体がある合コンならともかく、幹事が声をかければ気軽に行える合コンは、どうしてもノリが軽くなりがちです。

個人単位の合コンは男女ともに「遊び目的」と割り切っている人がいるのも事実です。

このため、長く真面目にお付き合いしたい人を探している人ほど、合コンでの気軽な出会いに警戒する傾向があります。

せっかく異性と知り合うチャンスなのに、その場限りのノリで連絡するのにしり込みしてしまい、積極的な行動をとれないことも…。

合コンでの出会いはあくまで入口。その先のお付き合いをいいものにできるかどうかは自分次第です。

ステイタスのある人ほど警戒心とプライドが高く、ついノリが悪くなってしまうようですが、出会いのチャンスは待ってくれません。

真剣なお付き合いをする相手を探すチャンスがあればためらわずに参加した方がいいでしょう。

女性の態度に一喜一憂してしまう

人数の少ない合コンでは特に、女性は意中の男性以外にはあからさまに態度が冷たかったりします。

一緒にいられる時間が短いので、人柄や中身を見るのが難しいというのもあるのでしょう。

男性の容姿、職業、収入で点数をつけることが多いようです。

女性に値踏みされているようで嫌だという男性は多いですし、最初は外見のいい男性がモテるのは合コンの王道。

せっかく話しかけたのに冷たい態度を取られたり、同席した男性と比べられたりしたことがトラウマになり、そのまま合コン嫌いになってしまったという話もよく聞きます。

ここがポイント!合コンを楽しむために気を付けること5つ

合コンに成功も失敗もありません。まずは「楽しむこと」、それが合コンの醍醐味です。

異性がいること、出会いのチャンスがあることは事実ですが、男女問わずその場にいる全員と飲み会を楽しむことを目的だと思いましょう。

①自己紹介は適当に済まさない

初対面同士が交流する合コンにおいて必ずする自己紹介。これを「とりあえず」で適当に済ませるなんてもったいない!

自己紹介は最大のアピールと心得て、事前にしっかり練っておきましょう。自分のいいところ、自信のあることを必ず盛り込みます。

ダラダラと長い自己紹介は印象に残りません。他の人も待っていますから、なるべく簡潔に終わらせたいところです。

名前、年齢、職業の他、特技や趣味を言うのが王道です。決してネガティブな言葉を使わないように気を付けましょう。

意外と盛り上がるのは出身地の話題。自分の出身県のネタを確保しておけば完璧です。

また、あまりにマニアックな趣味はこの段階で披露してはいけません。

どこからがマニアックかは人によりますが、特定のアイドルの追っかけやギャンブルなど女性がひいてしまうことは決して言わないようにしましょう。

②笑顔でハキハキ話すことを忘れない

自己紹介に懸命になるあまり真顔になっている人をよく見かけます。

実は笑顔で話し続けることは難しいこと。にこやかな態度は日頃から練習しておきたいですね。

また、普段の会話と違って自己紹介など自分だけが話す場では、恥ずかしさや気まずさもあってハキハキ話せなくなります。

名前や趣味の最後の方がボケた印象にならないよう、語尾までしっかり話すことを心がけましょう。

姿勢がいいとさらに印象はよくなります。

③外見はやっぱり大切

清潔感がない状態、ヨレヨレの服、体臭や口臭がある…こんな状態では隣に座った女性は絶対に不快な思いをするでしょう。

容姿という観点より身だしなみという観点から、外見はやっぱり大切です。

仕事帰りでそのまま参加する時は特に気を付けたい項目なので、最低限靴やカバンが汚れていないかはチェックしましょう。体臭や口臭は市販のスプレーやタブレットで対策できます。

また、常日頃からいつ出会いのチャンスがあるか分かりませんから、爪や髪型など伸ばしっぱなしにしないよう気を遣っておきましょう。

④自分が話すより聞く方を重視する

合コンでは自分が話すことより、相手の話を聞く方が重要です。

みんなが無言な場合、場を盛り上げようと頑張りすぎると空回りの危険があります。

盛り上げるというより、あくまで話題提供を心がけましょう。

例えば出身地の話や休日の過ごし方、好きな食べ物など、その場の全員が参加できる質問だけ提供し、あとは相手の話を聞く方に回ります。

お酒が入ると自分語りのスイッチが入ってしまう人をたまに見ますが、自分の武勇伝ばかり話す人は男女ともに嫌われてしまいますので注意して下さい。

⑤他人のフォローが出来る

合コンは女性との出会いをゲットするためだけのものではありません。

自分個人の都合を優先させるより、その場全体で飲み会を楽しめるようにフォローできる男性は、確実に女性からモテます。

話題がなければ話題を提供できる、料理や飲み物に気を遣えるなど、普通は女性が気にするところでもさりげなく気配りしておきましょう。

自分の意中の女性にばかり話しかけて他の女性をないがしろにする態度も頂けません。女性同士の情報網は厚いですから、あなたの態度は筒抜けになってしまいます。

どうしても気になる女性には名刺の裏にプライベートなアドレスも書いて渡すなど、特別であることをアピールするのは大切ですが、全員で会話している時は自分だけに都合のいい言動をとらないよう気を付けて下さい。

合コンはゴールではない

合コンが苦手だという方は、どうもその合コンがすべてだと極端に思いつめている場合が多いようです。

合コンはあくまでも出会いの入り口であり、ゴールではありません。

どんな出会いであれ、その先が大切。気負いは捨てて気楽に臨みましょう。

毎回成果が出るわけない、と思おう

気に入られよう、モテようとあれこれ考えていても疲れるだけです。だらしがないのは考え物ですが、ある程度自然体で楽しんだ方がいいでしょう。

前述したとおり合コンに成功や失敗といった概念はありません。極論ですが、連絡先を交換できてもできなくてもいいのです。

男女の考え方の違いを知り、異業種と交流する。そして飲食含めて楽しい時間を過ごして帰る、それぐらい気楽に考えましょう。

合コンのメンバーがあなたにとって合うか合わないかもその時次第ですから、たとえ連絡先を交換できなくても落ち込まないようにしましょう。

次の合コンのために活かす

投げかけた質問でみんなが盛り上がったもの、逆に女性がつまらなそうにしていた話題など、自分が起こしたリアクションでどういう反応が返ってきたか覚えておきましょう。

また、あなたが好印象をもった女性はどんなタイプだったか、逆にあなたがモテたのはどんなタイプの女性だったかもチェックします。

合コンに参加するメンバーは毎度違うので一概には言えませんが、今回の合コンを次に活かすくらいの気持ちが大切です。

合コンの後が大切

もし連絡先を交換できても、その後何もできないことが多いから合コンは苦手…そんな声も聞こえてきます。

合コンの場で明らかに女性を区別するのはいけませんが、帰宅してからなら話は別。

たとえその場のノリで全員と連絡先を交換していたとしても、あなたがアクションを起こすのは意中の女性だけにして下さい。

数打てば当たる、と焦って行動するのは厳禁です。

女性同士で「全員にメールが来たらしいよ」と話題になったら、あなたが軽い人だと思われてしまいます。

この人に連絡してみたいな、と思った人だけに限定し、そこからは2人だけでデートできるように努力しましょう。合コンの後にその出会いを大切にできれば、女性は信頼してくれます。

本気で出会いたいなら、参加するシーンを精査するのもあり!

いかがでしたか?合コンの「成功」を連絡先の交換だけだと思っているなら大変もったいないこと。楽しい時間を過ごすだけでも重要な経験値になります。

ただし、幹事が個人的に取り仕切る合コンではメンバーに限りがあるのも事実です。そんな時は、お互い真剣な出会いを探している人同士のコミュニティに飛び込んでみるのもおすすめです。

特に経験と年齢を重ねてきた30代男性には、PREMIUM MEMBERS(プレミアムメンバーズ)をおすすめします。男女共に写真審査を通過した方のみ、容姿と男性登録資格を重視している業界唯一の結婚相手紹介システムです。

資格証明などが必要ですが、男女ともにお互いの身元がしっかり確認されたメンバーしか登録されないため安心です。

月会費や成婚料は一切かからないのも魅力です。データを登録するだけで毎月5名の異性をスマホに自動で紹介してくれます。異性の質にこだわったハイクラスな婚活がしたいなら、PREMIUM MEMBERS(プレミアムメンバーズ)にぜひ登録してみましょう。