恋愛が嫌いな男性の心理や理由!克服して婚活する方法

恋愛が嫌いな男性の心理や理由!克服して婚活する方法

ここではなかなか恋愛する気持ちになれず、婚活に踏み出す気持ちが湧かない男性に参考になる心理を解説していきましょう。

おそらく、なかなか恋愛する気が起きないのは現状に満足してしまっているからでは。

ただ考え方として今だけでなく将来も含めて考えれば自然と恋愛へ気持ちが向かっていくはずです。
具体的な思考メカニズムを紹介していきましょう!

恋愛が嫌いな男性の心理や理由

恋愛が嫌いな男性の心理や理由

「恋人がいたらいいのにな」と思うことが少ない

まず一つ目の理由として、あまり人恋しさを感じないことが挙げられます。
「こんな時に彼女がいたらいいのにな」、と思う場面が少ないのではないでしょうか。

おそらく自分の殻に閉じこもって生活していると、こういった感情になりがちです。
もし何か自分の気持ちに変化を期待したいなら、まずは外に出かけてみましょう。
公園、ショッピング、映画、スポーツ観戦なんでも良いです。

おそらくどこに出かけたとしても、カップルが目に入ってくるはずです。
特に夕暮れ時やクリスマスシーズンなど、カップルがたくさん外で過ごしています。

さすがにそういった場に身を置けば、多少なりとも人恋しさが強くなってくるのでは。
自然と、「自分も彼女がいてこんなところを散歩したいな」などという気持ちが湧いてくるはずです。

また、映画やスポーツ観戦などを体験した後に誰かに話したいという気持ちが湧いてくるはずです。
そういったときに隣に女性がいたら、いろいろな話ができてさらに盛り上がります。

もちろん男性同士でも盛り上がることはあるのですが、女性目線の感想なども聞けるとより一段と楽しめるはずです。

まずは何も考えないで、とにかく外に出かけてみましょう。
そして街中の様子を眺めていれば、思いのほか「カップルって多いな」などと改めて気づかされるはずです。

良い思い出がない、あるいは少ない

恋愛が嫌いな理由として、異性との良い思い出が少ないのではないでしょうか。
例えば、

「学生時代に全くバレンタインデーチョコをもらえなかった・・・」
「会社で異性に見向きもされない」
「告白したが、断られたことがある」
「女性に笑われたことがある・・・」

こういったネガティブな要素があると、なかなか恋愛へと気持ちが向かないかもしれません。
ただ、良い思いをしたことはないというのは、まだそこまで異性とがっちり交流をしたことがないのでは。

世の中には沢山の女性がいますから、あなたの事を好きではない人がいる反面、あなたのことに興味がある人だっているはずです。
そういう人に出会えるまで恋愛を追い求めるという考えもあって良いでしょう。

「これからは良い思い出を作ろう!」というモチベーションにもつながります。

1人の時間が好き

恋人がいない人、あるいは恋人が欲しいと思わない人の意見として、「自分の時間が好き」という人が多いです。

確かに自分の好きなように行動できますし、どんな時間の使い方をしても自由です。
何にもしばられないという意味では最高の環境ですね。

1人ということは誰かに合わせて行動したり、応対する必要もないのでストレスがかからない状態です。

また趣味がある人は、「1人の方が没頭できる」という人が多いです。
平日仕事で、土日祝日は趣味に没頭するという彼女なしの男性も多いです。

ただ、これだといつまで経っても状況の変化が望めないので、恋人がなかなかできません。

自分の身に新たな出来事が起こるのが嫌い

恋人がいない人に多いのが、めんどくさがり屋です。
そういった人は下記のような感情を常に抱いてしまうケースが多いです。

「何か自分の環境に変化が生まれるのが嫌だ」
「今のままがいい」
「何かするのが面倒」
「新しい出来事や展開が嫌い」

こういった人は例えば転職したりするのも嫌ですし、引越しするのも嫌という人が多いのでは。
常に安穏を望む人ほど、恋人がいないケースが目立ちます。

恋愛嫌いを克服して婚活する方法

恋愛嫌いを克服して婚活する方法

自分の将来を想像する

恋愛嫌いを克服するには、まずはモチベーションをアップさせることが大切。
いやがおうにもモチベーションをアップさせる方法があります。

それは自分の将来を想像すること。
例えば、20代でまだ1人の時間を大切にしたいという事でしたら理解できます。
しかし、30代や40代になっても同じことが言えるでしょうか。

他人から40代の男性が1人の時間を大切にしたいとか言うと、「ただの強がり」とたわごとに聞こえてしまうだけです。

40代になっても1人で趣味の時間に費やしているのが本当に幸せなことなのか、と真剣に考えてみましょう。

現在は「恋愛<自分の時間」となってしまっています。
それを逆に「恋愛>惨めな将来の自分」と置き換えてみましょう。

さすがに将来、惨めな自分になるのは嫌だという人が多いです。そこから徐々に恋愛について真剣に考える方向に気持ちが向かってきます。

「若さ」という武器が減る

年齢を重ねた方が渋みが出て良い、大人な男性と受け取ってくれる女性も確かにいます。

しかし現実問題、30代後半や40代の男性が婚活した場合と、20代や30代前半の男性が婚活した場合では成功率では明らかに若い方が上。

やはり「年齢の近い男性と結婚したい」と考える女性が多いですから、20代の女性と付き合いたいなら、せいぜい30代前半が限界。

30代後半になってくると年齢だけで対象外となってしまうことも多いので、婚活がどんどんきつくなっていきます。

もし30代後半や40代の男性が婚活した場合、年齢の近い女性となると30代。
最近は平均初婚年齢が上がってきているとは言え、やはり男性に比べて女性の方が30代の未婚者は少ないので、それだけ選択肢も限られてきます。

つまり結論から言うと、やはり若いに越したことはありません。
容姿に優れていて、高学歴、高収入などのスペックがある場合は除きますが、大半は若い男性のほうが女性からも人気があります。

こういった現状を考えれば、いち早く恋愛に気持ちを向かせるべきです。

周りに恋愛失敗談を聞く

なかなか恋愛へと踏み出せない男性におすすめなのが、恋愛失敗談を周りに聞くこと。
どうしても失敗や傷つくのが怖いという気持ちが働き、消極的になってしまう傾向があります。

その気持ちを払拭する意味で、恋愛失敗談は勇気づけられるスパイスです。
「こんな失敗をした人もいるんだから自分でも大丈夫だ」と勇気が湧いてきます。
失敗の度合いが強ければ強いほど勇気が出る状況に!

例えば、

「婚活パーティー10回参加したけど、10連敗を喫した」
「メールアドレスを教えてと言ったら、捨てアド教えられた(苦笑)」
「婚活パーティーで44歳のおばさん未婚女性と世間話をして終わった(笑)」

ちょっと笑えて悲しくなるようなエピソードを聞くと、「そんなこともあるんだな」と、なんだか恋愛に対して楽観的に思えてきます。

「そんな友達がいるんだから1回や2回失敗したぐらいでどうってことない」と思えれば、理想的です。

周りに恋愛成功体験談も聞く

失敗談ばかり聞いていると「自分もうまくいかないのでは・・・」、とネガティブな気持ちが強くなってしまう人もいます。
そうならないために、成功例の話も必ず聞いておきましょう。

「婚活パーティーに行けば3回に1回ぐらいは連絡先交換まで行けるよ」
「あんまり年齢や容姿にこだわらなければ、意外とやりとりしてくれる女性は多い」
「婚活サイトで知り合った女性に会ったけど、思ったより可愛くて良かった」

こんな話が聞ければ、「やっぱり婚活ってやったほうがいいんだな」と前向きな気持ちになっていくはずです。

周りの状況も考える

現状は1人でも満足という人も、その状況がいつまでも続くとは限りません。
もし続いたとしても周りは確実に変化していきます。

いつの間にか知り合いや友達も結婚していて、いつの間にか自分だけ1人ということも・・・。

周りに未婚が多ければ良いですが、周りがほとんど結婚していて、あなただけ趣味に没頭なんてことになったら、時代に取り残されたような状況になってしまいます。

別に今の考えをすぐに辞めろというわけではありません。
ただし、年齢や時代とともに考えが変わっていくことは自然なので、そろそろ恋愛したほうがいいかなと素直になることも悪くはないでしょう。

1人では体験できないことを想像する

「1人が楽しい」という意見も確かにあります。
しかし逆に2人でこそ楽しめることだって、たくさんあるはずです。

例えば、海外旅行。
1人でも旅をすることはできますが、道に迷ってしまったり、何か困りごとがあると辛いですよね。

しかし2人で旅行すれば、何か困ったことがあっても協力して助け合うことができますし、幸せや楽しさも一緒に共有できます。
辛い思い出になってしまうような場面でも、「あの時あんなことがあったな」などと笑い話で済ませることもできるでしょう。

何か面白いことがあるときに共有できるのも良いですし、辛いことがあったときにも1人で受け止めないで共有してくれる人がいるのは気持ちも楽になります。

素敵な女性と話す

素敵な女性と話す

本音として、「やっぱり可愛い子じゃないとモチベーションが上がらない」という気持ちがあるのでは。
「本当に可愛い女性とだったら付き合いたい」、という男性も多いです。

そのためには、容姿も重要な要素。
そこで相手の容姿を見てから判断できる婚活サービスを利用してみてはいかがでしょう。
例えば、下記のような婚活サービス。

写真審査制・エリート対象の婚活&結婚相手紹介サービス | プレミアムメンバーズ

こちらは登録者全員が写真登録をしています。
ただ単に写真登録されているのでなく、審査員の目を通してから、登録しています。

つまり一定以上の美人ばかり。
そういった相手なら、かなりモチベーションも上がって恋愛に対して前向きになるのではないでしょうか。

まとめ

以上、なかなか恋愛に対して積極的になれない男性の克服方法を紹介しました。

まずは気持ちを柔軟にすることから始めてみましょう。
今の考えを押し通すと、おそらく今後も恋人ができない人生が待っているかも・・・。

今から行動に移せば、「恋愛に対して積極的になろうと早めに気づけてよかった」と思える日が来るはずです。